連載
» 2009年07月27日 07時30分 公開

内山悟志の「IT人材育成物語」:【第7話】問題のとらえ方 (2/2)

[内山悟志(ITR),ITmedia]
前のページへ 1|2       

問題解決の流れ

「次に問題解決の流れについて説明しよう。配った資料の1ページ目を見てくれないか(図1)。問題解決は、大まかに認知、定義、分析、解決および評価の5つのステップで進められる。その中で重要な分析と解決のステップでは、それぞれに発散技法と収束技法を順番に活用する。つまり、問題を洗い出してから取りまとめ、それに対する解決策を洗い出してから取りまとめるという手順となる。

分析のフェーズでは、まず問題の状況、原因、関連問題などを洗い出す。発散技法を使って制約を設けずにとにかくたくさんの事柄を挙げていく。洗い出した事柄は収束技法を使って因果関係や構造を把握する。問題の全体像が明らかになったら優先度の高い重要な部分が見えてくるので、それをどのような目標で解決するのかを決定する。ここまでが分析のフェーズだ。

次に、解決のフェーズでは再び発散技法を使って、解決策となる案を多数挙げてみる。どのような解決策を講じればどのような問題が解決するのかを突き止めるために、収束技法を使って、問題と解決策の案との関係性や複数の解決策同士の構造を解明していく。そして、いくつかの解決策を絞り込み、優先順位や実施手順を決定するわけだ」

 川口は一気に説明し終わると、持っていたペットボトルのお茶でのどを潤した。川口の勢いに押され気味だった二人もようやく息をついた。

<strong>図1</strong> 問題解決の流れ 図1 問題解決の流れ

著者プロフィール

内山悟志(うちやま さとし)

株式会社アイ・ティ・アール(ITR) 代表取締役/プリンシパル・アナリスト

大手外資系企業の情報システム部門、データクエスト・ジャパン株式会社のシニア・アナリストを経て、1994年、情報技術研究所(現ITR)を設立し代表取締役に就任。ガートナーグループ・ジャパン・リサーチ・センター代表を兼務する。現在は、IT戦略、IT投資、IT組織運営などの分野を専門とするアナリストとして活動。近著は「名前だけのITコンサルなんていらない」(翔泳社)、「日本版SOX法 IT統制実践法」(SRC)、そのほか寄稿記事、講演など多数。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆