インタビュー
» 2010年02月21日 13時30分 公開

あなたの知らない“ハイサワー”の世界――博水社社長・田中秀子さん(後編)嶋田淑之の「この人に逢いたい!」(5/7 ページ)

[嶋田淑之,Business Media 誠]

ノンアルコール飲料としてのハイサワー

 “現場の情報”に真摯に向き合う中で、時代の逆風を乗り越えてゆくのが博水社、そして3代目田中秀子社長のスタイルだとして、では、お酒離れが進む現代日本社会にあって、逃れようのないその事実にどう対応しているのだろうか?

 「実は、こういう時代だからこそ、実現したかったことがあるんですよ。それは、先代が6年間もかけて開発しながらも、取引先(ホップのエッセンスの製造元)の倒産で断念していたノンアルコールビールのレシピを世に出すことでした」

 世に出すには早過ぎたかに見えた「ノンアルコールビール」という発想……それは不幸な出来事によっていったんはついえたかに見えたが、時代の変化が、そのレシピを改めて必要としたのであろう。

 「先代のレシピは、“ハイサワー ホップ&レモン”(カロリーオフ、プリン体ゼロ)として結実しました。もう1つが、“ハイサワーハイッピー”の“レモンビアテイスト”と“ビアテイスト”なんです(ともに、カロリーオフ、プリン体ゼロ)。実は、生ビールにそっくりな外見のこの“ハイサワーハイッピー”は、意外な飲まれ方をしているんです。お酒と割らずに、ノンアルコール飲料としてこっそりそのままと飲んでいたりするんですよ(笑)。

 例えば、キャバクラやホストクラブなどで働いている方々も、そんなにお酒が強い人ばかりではありませんから、お客さんに全面的に合わせてお酒を飲んでいると、どうしたってカラダが続かないですよね。そんな時、お酒と割らずにハイサワーハイッピーを飲む。プロ達の裏技なんです」

ハイサワー ホップ&レモン(1000ml、左)と、ハイサワーハイッピー(350ml、右)。いずれもグラスに注ぐとビールのようなきめ細かい泡が勢いよく立つ。焼酎を割る用途の商品だが、そのまま飲んでもホップの効いた味がビールのよう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆