ニュース
» 2010年05月12日 16時38分 公開

営業活動における成功の鍵低成長時代を勝ち抜く営業・調達改革(3/3 ページ)

[栗谷 仁(A.T. カーニー),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 第3の論点は「戦略と活動とのリンク」である。戦略と個別活動をいかにリンクさせるかについては見落としがちである。戦略とは、比較的マスの顧客セグメントに対しての作戦であるが、日ごろ現場で戦っている営業担当者が知りたいのは、マスではなく、自分が対応している個別顧客への営業活動である。

 戦略を個別活動へリンクさせるためには、戦略を活動に「翻訳」して落とし込むための仕掛けが必要である。それができなければ結果として営業活動は戦略を反映したものとならず、非効率な属人ベースでの活動に終止することとなる。マーケティングや営業企画部門は通常、商品別に担当者が分かれている場合が多い。それぞれの担当商品の販売促進が施策の目的となり、全体としての優先順位付けを欠いている場合が多い。企画担当者が商品別の施策を立案しても、現場で顧客に向き合っている営業は、プロダクトミックスの中で、個別顧客の事情に応じてどの商品を優先的に訴求していくかを見極めなければならない。

 商品サイドから見た戦略と顧客サイドから見た戦略は必ずしも一致しない。また、戦略でセグメント別攻略方法が明確化されていたとしても、営業担当者からすると、いざ個別顧客に向き合うと、果たしてこの顧客がどのセグメントに属するのか認識できないことも多い。セグメントはあくまでも一定のマスでの特徴を共通にくくったものであるので、個別顧客の段階になるとあいまいになってくる。このようなことに対応するためには、自分の担当顧客のセグメントと対応策が判定できるような営業ツールを用意する事も有効である。

 また、必要に応じて、戦略策定で規定したセグメントをさらに、営業が認識できるサブセグメントに細分化して、それぞれのサブセグメントごとに詳細なアクションを明示することも有効と考えられる。このように、戦略は作っただけで営業活動は機能しないことを理解する必要がある。作成した戦略を個別顧客に対峙している営業担当者が利用できるように翻訳したり、ツールを導入したりするなど、戦略と活動とをリンクさせる工夫が求められる。現実のオペレーションでは、この戦略と活動とのリンクの巧拙が大きな競争力の差となって現れてくることを忘れてはならない。

(クリックで拡大)戦略を個別の営業活動に落とし込むことが不可欠(出典:A.T. カーニー)

経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

著者プロフィール:栗谷 仁(くりや ひとし)パートナー A.T. カーニー株式会社

栗谷 仁

早稲田大学卒、ハーバード大学経営大学院MBA修了。松下電器産業/松下通信工業、ボストンサイエンティフィックジャパンを経て、A.T. カーニー入社。同社ストラテジック・オペレーション・プラクティスのリーダー。長年のマーケティング経験を活かし、戦略を事業に落とし込み、変革を実現する「チェンジエージェント」を目指して顧客企業を支援する。著書に『最強のコスト削減』『最強の営業戦略』(東洋経済新報社)がある


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆