連載
» 2011年05月20日 07時00分 公開

トークライブ“経営者の条件”:「子供が親の思う通りに育つとは限らない。会社も同じ。今後を作り上げるのはスタッフと顧客」――ライフネット生命保険株式会社 出口治明社長 (3/3)

[岡田靖,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

「何かを変えたいという気持ち」がリーダーにとって最も重要

 本と旅が趣味という出口氏は、その読書や旅行で培った、独特の歴史観・人間観を持っている。

 「30代前半、ヘンリー・キッシンジャー氏と仕事上の縁で話をする機会があった。『人間はワインと一緒で気候の産物、そして先祖のことは立派であってほしいと考えているものだ』と語っていた。地理と歴史が大切だということだ。その言葉を受けて、『キッシンジャーが言っていた』と、大手を振って世界中を旅して回っていた(笑)」(出口氏)

 この豊富な旅行体験と読書量が、「歴史オタク」を自称する出口氏を作り上げた。「キャリアパスについてどう考えているか」との会場からの質問には、こう答えている。

 「チャレンジすることは尊いが、大事なのはまず健康、そしてインプットの量だと思う。キャリアパスを云々する前に、縦横の繋がりを勉強することが重要だ。本を読んで昔の人の知恵を借りればいい、これが縦。そして世界の人の話を聞けばいい。これが横。人間は愚かな動物であり、二度も世界大戦をしたのに、まだ世界のどこかで戦争をしている。でも滅びない。トータルでいえば失敗から学んできているから。挑戦する上では、世の中の動きがある程度読めることが前提。風が吹かない時に凧は上がらないのだから。成功した人のほとんどは、偶然の要素が考える以上に強い」(出口氏)

 そして最後に、リーダーシップについて、次のように語った。

 「スーパーマンのようなリーダーがいて組織が成功するのでは必ずしもなく、むしろいろいろな人たちが補い合って、組織全体のポートフォリオで成功するものだ。リーダーシップは『指輪物語』に学ぶのが一番。主人公フロドの行動に、リーダーについての全てがある。彼は大した力もない小人だが、ほとんど不可能と思われていたような偉業を達成する。それは、皆が助けてくれたから。まず『何かを変えたい』という強い気持ち、思いが最も重要、次に、一人ではできないので旅の仲間を集める『共感力』、そして最後まで旅を続ける『統率力』。成し遂げたい『思い』がない人は、結局何もできない」(出口氏)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆