ニュース
» 2012年09月27日 12時27分 公開

これからのパートナービジネスは「プラットフォーム」「エコシステム」がキーワード――早稲田大学ビジネススクール 根来教授 (2/2)

[大西高弘(ノーバジェット),ITmedia]
前のページへ 1|2       

インセンティブ作りと共存共栄

 エコシステムを作り出している新しいパートナー戦略の実例では、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)が有名だ。CCCはもともとビデオ・CDレンタルショップ「TSUTAYA」のビジネスで成功を収めたが、同社の第2の成長を支えたのが、T-POINTカードである。

 T-POINTカードの特徴は、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、喫茶店、そしてTSUTAYAなどでポイントが付与され、貯めたポイントをアライアンス先の約90社以上の企業で使えることだ。

 「業種の垣根を越えてポイント利用できるという強みは、独自のポイントカードを発行している大手流通業やクレジットカード会社にはない特徴だ。CCCはヤフーとも提携を発表している。モノを探すエンジンを持つヤフーと、買った時に利用するT-POINTカードの組み合わせは、より大きなエコシステムを形成していくことにつながる」と根来氏は指摘する。

 T-POINTカードというプラットフォームを利用することで、提携パートナーは自社で独自のポイントシステムのためのIT投資をする必要もなく、多額なカード還元の負担を軽減できる。CCCは、エコシステムを維持するために同業種に複数のアライアンス企業を持つことしない。根来氏はCCCというプラットフォームリーダーの高い戦略性が、同様の戦略を採ろうとしている企業にとって意味深い示唆を与えているとする。

 「共存共栄のためにCCCは新しい提携先を常に探し、より有効なアライアンス施策によって、エコシステムの成長を目指している。CCCは自社をサービス業ではなく「企画会社」として位置づけているだけあって、プラットフォーム作りにも一日の長がある。前出のパーク24グループもそうだが、他社を巻き込むためのインセンティブ作りが、パートナー企業とのコラボレーションには不可欠だ」と話し、根来氏は講演を締めくくった。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆