連載
» 2019年07月18日 07時14分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:仕事のパフォーマンスがあがる「最強の座り方」 (1/2)

現代人は1日の約60%を座って過ごすとされ、なかでも日本人は座り時間が世界トップクラスというデータもある。座り方を変えるだけで仕事の効率もよくなるという。

[仲野孝明,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


『調子いい! がずっとつづく カラダの使い方』

 こんにちは。大正時代からつづく「仲野整體(せいたい)」の四代目、東京青山で院長を務める仲野孝明(なかの たかあき)です。

 みなさんは座りながら、デスクワークをしていますか?

 もし、最近なんだか不調だ……と感じているなら、マッサージではなく、運動でもなく、まずはその「座り方」を変える必要があります。

 なぜならビジネスパーソンの大半が一日の多くを仕事に費やし、デスクに座っている時間が長いからです。現代人は1日の約60%を座って過ごすとされ、なかでも日本人は座り時間が世界トップクラスというデータもあります。

 その長い時間を正しい姿勢で座れていれば、何も問題はありません。しかし私の経験上、正しく座れているなあと感心する人は、100人に1人くらいです。

 つまり大多数の人が、悪い姿勢のまま多くの時間を過ごしているのです。そんな状態で筋トレやランニングをしても、残念ながら効果は薄く、けがをする恐れがあるくらいです。

座り方しだいで仕事の効率は上がる

 仕事のパフォーマンスが上がり、しかも疲れない「最強の座り方」を伝授しましょう。ポイントは3つです。

1、目線の中心にモニターを合わせる

 モニターが低く、目線が下がっている人がほとんど。この状態が続くと、どんどん猫背になっていきます。猫背は全ての不調の元凶といっても過言ではありません。

猫背はNG

 この姿勢から脱するために、まずはモニターの高さを上げモニターの高さを上げましょう。そのためには、専用の底上げの台、分厚い本を数冊重ねる、思い切って外付けアームを取り付けるのが手です。

 これなら姿勢が正しい位置におさまりやすくなります。少し手間はかかりますが、効果絶大なのでぜひ試してみてください。

モニターの高さを上げる

2、キーボードを手前に置く

 書類や資料を手前に置き、キーボードをデスクの奥のほうに置いていませんか? これでは前かがみになり、胸がどんどん内側に閉じてしまいます。キーボードはできるだけ手前に置いて、常に胸を開くように意識しましょう。ひじが90度になるのがポイントです。

胸を開いて坐骨を立てる

3、坐骨を立てる

 坐骨とは骨盤のいちばん下にある2つの骨で、座ったときにお尻の下に手を入れるとゴリゴリと触れる部分。ここがちゃんと立つように座ります。

 坐骨が寝た状態で座るのはNG。全身の疲労、不調につながり、仕事のパフォーマンスが下がります。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆