ニュース
» 2021年11月02日 07時00分 公開

副業は敵か、味方か――副業で自分を鍛え、ノウハウを本業に生かせる会社が若者に人気ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート(2/2 ページ)

[山下竜大ITmedia]
前のページへ 1|2       

現段階では、副業は敵でもあり、味方でもある

 企業は副業をどう捉えるべきか。江端氏は、「副業は、敵という考え方も、味方という考え方もあります。副業禁止理由は、ノウハウの流出につながる、情報漏えいや競合となるリスクがあるなどですが、副業に関しては、競合しないことは常識であり、きちんと契約すれば問題はないはずです」と話す。

 例えば、Yahoo!の川邊健太郎社長は、2019年に100人の副業人材をギグパートナーとして募集した。メリットは、外部の意見を取り入れられる、コストがかからない、話題になるなど。Yahoo!では、自社の社員にも副業を勧めている。江端氏は、「副業により、自分を鍛え、ノウハウを得て戻ってきて、本業に生かしてほしいという考えです。こうした会社に魅力を感じる若者が増えています」と話している。

スタンフォード大学の学生のように考える

 スタンフォード式とは、形を変えながらも100年続くスタンフォード大学の1年生が受けるWhy Thinking Mattersという授業。クリティカルシンキングとディベートを徹底的に行う。スタンフォード大学の生徒のように考えることができることが目標である。書籍の内容は、マインドセットや時代背景、副業成功者の体験談、70のティップスなど。概要は、以下の通り。

  • 第1章 「やりたいこと」&「ニーズがある仕事」を見つける

 「3カ月ごとの趣味を持て」というのは、1つの趣味もいいが、3カ月ごとに新しいことに挑戦し、自分の隠れた才能を見つけることが重要になる。

  • 第2章 未経験でも安心! 一歩目の踏み出し方

 まずは個人事業主登録をする。また、屋号、ドメイン、メールアドレス、Webサイトを持つことで自覚が生まれて、自分の仕事、個人、存在意義を考えることができる。

  • 第3章 パラレルワークの成果を最大化! 超効率タイムマネジメント

 副業をするのは、隙間時間であり、機会損失は絶対に起こしてはいけません。同じデジタル環境を2つ以上用意しておくことで、機会損失を防ぐことができます。

  • 第4章 信頼できる仲間を見つけ、 ビジネスの規模を拡大する

 コミュニティーへの参加は、類友がいるので共感しやすく、チャンスの宝庫。リアルの名刺交換も効率的で、オンラインの信頼関係もリアルから生まれる。

  • 第5章 脳も体も進化する! パラレルワークに必須の習慣づくり

 「すぐググレ」の重要性を理解する。すぐに人に聞くのではなく、自分で調べて聞く方が印象がよい。これは副業だけでなく、本業でも使える考え方である。

 「GAFAMが情報社会を牛耳っていますが、日本は製造業などの強みがあります。この強みを生かし、日本の社会の活性化に向けたパラレルキャリアの育成が必要です。少子高齢化で労働人口が少なくなる一方で、人生100年時代の到来で働ける時間は伸びていきます。VUCAの時代に必要な学び直しを含め、全員が学び直す時代です。ライスワークとライフワークをパラレルで両立させるANDの発想が必要です」(江端氏)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

根来龍之

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

小尾敏夫

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

郡山史郎

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

西野弘

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

森田正隆

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆