話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”

「話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”」の連載記事一覧です。

話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

バッドエンドがすべて悪いわけでではない。現実であれば、悪いことが起ころうとしていたらどこかで修正するが、物語だから行きつくところまで行ける。最悪のところまで行かないためにどうすれば良かったのかが考えられる。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

今がいい状況であってもそうでなくても、どんな時でも諦めないで少しずつでも前に進み続けることが大切。それは長い時間をかけることの大切さといってもいい。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

明治時代の中ごろは、庶民にとって本は買うものではなくて借りるもの。ふらっと立ち寄った書店で面白そうな本を買うなんてことはなかった。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

作品を書きはじめた時期は夏だった。夏の暑くて嫌な感じ、べたべたする湿気だとか草の匂いなどを作品に表し、読者にそれぞれの夏を思い出してほしかった。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

登場人物の女の人の人生が変わってしまう。それがいいことか悪いことかは分からないが、人生が大きく変わった節目という意味ある。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

将棋、囲碁などのボードゲームを中心に据え、一人のジャーナリストを通して、ゲーム、競技のさなかに起こった人知を超える事件が語られている。古くから人間が親しみ続けてきた“ボードゲーム”にどのような可能性を見出したのか。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

大切にしていることは時間の軸。自分がのように本と出会って、どう楽しんで、次の本と繋がっていったか。読書体験のプロセスを、少年時代から開示してみた。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

よくある大企業の子会社「東京建電」で起きた一件の不祥事に揺れる人間たちの姿。好成績を挙げていた営業課の課長が突然パワハラで社内委員会に訴えられた。一体何が起きたのか?

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

一人の女子高生の恋に焦点を当て、切実さとコミカルさが入り混じった物語世界を創り上げている。この作品で綿矢さんは何を試み、何を描こうとしたのだろうか。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

一度そう思うとそれを絶対に曲げないし、許せないことがあると絶対許さない。そういう男だったが、ところどころに愛嬌があってそれを膨らませたのがこの物語で書いたキャラクターだ。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

語り手を徹底的に書くことを重視し、彫刻でいったら細かくノミを入れて輪郭まで分かるくらい削ってプロフィールを作りながら書いた。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

目には見えているけど、そこにどんな人がいて何をやっているかが分からない、得体の知れない場所への冒険心を書きたかった。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

“ディスティニーランド”のような空想的な世界でも、その中で起こっていることは現実的にそこの風景や事象を、写真を撮るように記録した。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

最初に情景が頭に浮かび、そのイメージから生まれた『田舎の紳士服店のモデルの妻』というタイトル。仮のタイトルだったのが頭から離れなくなり、それはいいタイトルということで決定。こうして生まれた作品は書店員によるツイッター上でも話題に。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

「文学的テロリスト」と呼ばれていることで明らかなように、デビュー作から一貫して前衛的・実験的な作品を生み出し続けている。さらに特異な作品はどのような意図によって書かれたのか。

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

徹底的なリアリティで知られるこれまでの作品とは対照的に、どこかおとぎ話を意識したような、やわらかい語り口で書かれている。バラエティに富んだ作品の中でも異彩を放つこの作品はどのような背景と土壌を持って生まれてきたのか?

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

徹底的なリアリティで知られるこれまでの作品とは対照的に、どこかおとぎ話を意識したような、やわらかい語り口で書かれている。バラエティに富んだ作品の中でも異彩を放つこの作品はどのような背景と土壌を持って生まれてきたのか?

【新刊JP】()
話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:

大学を出たばかりの若手編集者が、周囲の人に揉まれ、仕事に揉まれながら一人前になっていく姿を描いた。若い読者にも読んでほしい一冊。

【新刊JP】()

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆