ニュース
» 2007年11月08日 12時48分 UPDATE

北越銀行、ATM取引データをオンラインで一括管理

北越銀行は、9月からATMの取引履歴などのジャーナルデータをオンラインで収集、一括管理するシステムを稼働させた。情報漏えいや運用コストの削減が狙い。同種のシステムの稼働は業界初という。

[ITmedia]

 北越銀行は、9月からATMの取引履歴などのジャーナルデータをオンラインで収集、一括管理する「ATM電子化ジャーナルオンライン保管システム」を稼働させた。システムを納入した沖電気工業が11月8日、発表した。同種のシステムの稼働は業界初という。

 北越銀行は、個人情報保護法の施行に先駆けて、ATMのジャーナルデータを紙から、暗号化された電子媒体に保存する方式に移行した。しかし、災害などでATM内のジャーナルデータが消失するリスクが残るため、より安全な補完システムを検討していた。

ATM電子化ジャーナルオンライン保管システム 「ATM電子化ジャーナルオンライン保管システム」

 オンライン保管システムでは、金融機関の集中センターに設置されたサーバが、暗号化されたATM内の電子化ジャーナルをネットワーク越しに自動収集して保存する。そのため、ATM盗難や災害などで個人情報の漏えい・消失リスクを大幅に軽減できるだけでなく、営業店のオペレーションや、犯罪発生時の照会データの提出も迅速化できることから、採用を決めた。

 ジャーナルの収集状況は、管理端末でリアルタイムにモニタリングできるほか、各営業店内のPCのブラウザから必要なデータを検索・参照して、データの照会も行えるという。バックアップメディアなどの2次記憶媒体を利用すれば、データ長期保存も可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆