ニュース
» 2008年02月22日 18時47分 UPDATE

グローバル化の課題「優秀な人員の獲得」が大きく伸びる――Accenture調査

米Accentureが行ったグローバル経済に関する意識調査によると、世界の大手企業の経営幹部は「企業間競争」や「グローバル経済の状態」「優秀な人員の獲得、確保」に頭を悩ませているようだ。

[ITmedia]

 米Accentureが行ったグローバル経済に関する意識調査によると、世界の大手企業の経営幹部は「企業間競争」や「グローバル経済の状態」「優秀な人員の獲得、確保」に頭を悩ませているようだ。

 Accentureが2007年9月から12月にかけて行った調査をまとめたところ、1年前よりもグローバリゼーションの進展が加速しており、サプライヤーや自社の社員、オフィス所在地、顧客の観点から企業のグローバル化が進んだとする回答が目立ったという。

 特に企業成長を阻害する脅威としては、「企業間競争」(73%)、「グローバル経済の状態」と「優秀な人材を獲得し確保する能力の欠如」(それぞれ67%)、「企業の評判」(62%)、「新製品および新サービスの開発能力の欠如」(51%)を挙げた。

 Accentureによると、2005年の調査でも、同じ項目が上位に入ったが、今回は人材の獲得が7ポイントと大きく増加したのが特徴という。

 さらに、グローバリゼーションの流れに対して準備が不十分であるとの経営幹部は5人に1人(21%)に上った。

 Accenture経営コンサルティング部門グループ・チーフ・エグゼクティブのマーク・フォスター氏は「経済およびビジネス活動の中心が複数地域に分散した世界では、人材確保の戦いもグローバル化している。企業が優位性を保つには、不足しているスキルや将来のニーズを明確に把握した上で、より戦略的に人材を理解し調達する能力が必要だ」としている。

 同調査の対象国は、米国、英国、イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、日本、中国となっている。

「第4回ITmedia エグゼクティブ セミナー」〜グローバルで勝つための経営とIT〜

世界同時株安で景気減速の懸念が強まっているが、優れたビジョンや戦略、オペレーションによってグローバル市場で成功を収めている日本企業も多い。その成否を分けているのは、企業の「現場」が生み出している価値そのものだ。

 第4回ITmedia エグゼクティブセミナーは2日間にわたって開催いたします。1日目は、遠藤功氏(ローランド・ベルガー会長)、根来龍之氏(早稲田大学大学院商学研究科教授)にご登壇いただき、強い現場をつくるための最も重要な要素である「見える化」をテーマに取り上げ、それを実現するためのITの生かし方も探ります。

 2日目では、アクセンチュアで自動車業界の総責任者を務めた三澤一文氏(シーメンスPLMソフトウェア社長)に、他の産業よりも頭ひとつ抜け出た競争力を獲得している同業界の強みや死角を分析いただき、経営はもとより、IT部門のリーダーの方々にも意識改革を促す機会としたい。

詳細/お申し込みはこちらから


関連キーワード

人材 | 経営 | 中国 | スキル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆