特集
» 2008年08月30日 10時00分 UPDATE

経営のヒントになる1冊:能力や学歴ではなく価値観の共有に注目――「辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!」

新卒の売り手市場といわれる採用環境の中、苦労して優秀な人材を採ったのにすぐに辞められてしまった、と嘆く企業も多いだろう。辞めない社員をつくるにはどうすればいいのだろうか。

[ITmedia]

 3年で会社を辞める若者の存在がクローズアップされて久しいが、2010年からは、2002年度以降実施されたいわゆる“ゆとり教育”を受けた世代が社会人となって会社の門をくぐる。新卒採用をめぐる企業の状況は、今後ますます厳しいものになると言っていいだろう。

『辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!』著者:小山 昇、定価:1575円(税込)、体裁:四六判 352ページ、発行:2008年8月、あさ出版 『辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!』著者:小山 昇、定価:1575円(税込)、体裁:四六判 352ページ、発行:2008年8月、あさ出版

 この傾向が顕著なのが、中小企業。景気の先行きが見えない状況の下、安定志向に走る学生や親の影響で、従来にも増して、いい人材を確保するのが難しくなっているからだ。

 本書『辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!』は、この中小企業の人材難というテーマについて、具体的なアドバイスを与えてくれる。

 著者は、幹部社員の3分の1が元暴走族で、赤字続きだった“落ちこぼれ集団”株式会社武蔵野を、2000年度に日本経営品質賞を受賞するなど、年商35億の黒字企業に変えた辣腕経営者。自身の体験を基に、人材に困らない会社を作るためには、経営者が次の2点に取り組まなければならないと説く。

 ひとつは、「優秀でなくても、自社に合って、なおかつ簡単に辞めない人材を採用すること」、そしてもうひとつは、「社員教育を徹底して、既存社員も含め、それなりの社員を仕事ができる人材へと成長させること」。本書では、これらのことを実現するための、さまざまなノウハウが24社の事例とともに述べられている。

 応募が集まる求人広告の出し方や、自社をさりげなくアピールする方法、面接で相手を見極める質問、戦力化するための仕組みづくりなど、常日頃、人の問題で頭を痛めている経営者が読めば、参考になる箇所は少なくない。

 さらに興味深いのは、著者が採用に当たって何よりも重視しているのが、能力や学歴などではなく、その人の価値観であるという点。経営者と価値観が合ってさえいれば、経営者に共感でき、辞める確率は下がり、経営方針にも素直に従い、その結果、仕事もできるようになるという。

 確かに、経営者と社員の価値観が一致していれば、社員がそう簡単に辞めることはないし、辞めなければ、長い期間、教育を受けることができて能力も向上する。学生や転職活動者にとっても、会社を選ぶ際の有効な指針になるはずだ。

 経営者、社員双方にとって、幸福な採用活動、就職活動とは何かということを考えさせてくれる1冊と言えるだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆