連載
» 2008年09月24日 07時30分 UPDATE

問われるコーチング力:社員がわくわくする組織のつくり方 (1/2)

「ビジョン」「目標」「戦略」「ミッション」「価値観」「コミットメント」。これらは企業リーダーが部下をわくわくさせるような組織をつくるための重要なキーワードである。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

「問われるコーチング力」バックナンバーはこちら


 東京証券取引所第1部に上場している株式会社あさひという企業をご存知だろうか? 現在、環境への配慮から自転車の需要が伸びているが、この会社は「店舗販売」と「ネット販売」という2つの分野で従来の常識を打ち破った事業を展開し、日本の自転車小売業界でナンバー1の地位を確立しつつある企業である。

 あさひの経営理念は明確である。

「わたしたちは、自転車を通じて世界の人々に貢献できる企業を目指します。そして、その企業目的に賛同し、参画するすべての人々が、豊かな人生が送れることを目指します」

 あさひはこの理念を掲げ、「サイクルライフをサポートする」という使命の下、「店舗販売」と「ネット販売」という2つの分野が鍵になると考え、独自の販売戦略を立て大きな成功を収めているのである。

 前回、組織遂行力が低下している組織について触れ、組織遂行力を高めていくことがリーダーに求められると述べた。組織を勝たせるためには、目標と戦略、そして、戦略を日々の行動に落とし込んで遂行することが必要になる。今回は、組織遂行力を高め、組織の方向を決める「ビジネスコーチングモデル」について話したい。

ビジネスコーチングを支える要素

 ビジネスコーチングモデルは、次のような構造になっている。

組織の方向を決めるビジネスコーチングモデル 組織の方向を決めるビジネスコーチングモデル

 「価値観」と「ミッション」が組織の土台となる部分であり、「ビジョン」は組織に属するメンバー全員がわくわくするような組織の目的地である。「コミットメント」は目的地に向けて突き進むための推進力で、その力と有効な「戦略」を用いて「目標」を達成する。それぞれについては、次回以降詳しく説明するとして、今回は概略を解説する。

「ビジョン」

 ビジョンとは会社の夢である。こういう風になってほしいという将来像ともいえる。考えてみてほしい。あなたの会社のビジョンは明確になっているだろうか? ビジョンについて話す中で、わたしが懸念していることがある。それは、組織に属する個人が夢を持っているかどうかということである。

 「あなたの夢は何ですか?」。周囲の人とこのような話をするだろうか? 恐らくほとんどなされていないはずである。子供の頃は自分の夢について語っていたはずなのに、年を重ねるとともにそのような話をしなくなってしまった。リーダーは、メンバーにそれぞれの夢を聞いてあげればよい。それだけで親近感がわき、メンバー同士のコミュニケーションが円滑に進むようになるはずである。

 それぞれのメンバーが持つビジョンを組織内で語り合い、組織のビジョンを作っていく。こんな会社にしたい、わくわくするこんな組織にしたい。組織の夢を皆でつくり上げることがリーダーとして最も重要な仕事である。

 手前みそになるが、わが社では、「日本の会社の1社に1人、ビジネスコーチを作る」というビジョンを持っている。それを持つことで、メンバーのモチベーションが上がり、会社の能力が引き出されていった。当社の研修やセミナーを受けた人たちが、それぞれの会社で活躍していく、それがわたしにとって一番うれしいことである。

 リーダーが自己変革する上で肝に銘じてほしいのが、「わたし」のビジョンではなく、「われわれ」のビジョンという視点を持つことである。「わたしの夢」を語る人はいるが、「われわれの夢」という視点で物事を考える人は少ない。リーダーには「われわれ」という視点を持ってほしい。なお、ビジョンは常に全員が意識した方がいいので、社内の見やすい位置に掲げることを勧める。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆