ニュース
» 2009年10月09日 14時11分 UPDATE

政府情報のオープン化に対する意見求む 経産省

諸外国で行政情報を広く公開する「オープンガバメント」の取り組みが見られる中、日本政府も国民から意見を募り検討を進めていく。

[伏見学,ITmedia]

 経済産業省は10月9日、電子政府の取り組みに関して国民同士が意見交換するサイト「電子経済産業省アイディアボックス」を10月14日から11月14日までの期間限定で運用すると発表した。

 アイディアボックスでは、電子手続きの満足度や利用率の向上、よりよいホームページのあり方、行政情報のオープン化、Web2.0の活用、電子政府構築を通じたITベンチャー企業や独創技術の育成方法などのテーマに対して、ユーザーが自由に意見を投稿できるほか、投稿された内容に対してのコメントや賛成・反対の投票を行える。サイト閉鎖後も寄せられた意見は公開される。

 例えば、行政情報のオープン化について、海外では政府が収集した情報をできる限りオープンにして民間での活用を促す「オープンガバメント」の取り組みが進んでいる。米国では、国民からオバマ新政権に対するアイデアを募集するサイトや、政府の情報公開サイトなどを開設している。

「諸外国の動きを見て、経産省でも1年ほど前から政府情報の開示についての議論がなされてきた。まずは試験的に意見を募り、どのような情報をオープンにすべきか検討していきたい」(経産省 平本健二CIO補佐官)

 なお、アイディアボックスの立ち上げに関して、民主党への政権交代との関連性はないとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆