連載
» 2016年08月09日 07時28分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:VRマニアになる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2016年、「VR元年」を迎え、東京には次々とVR(ヴァーチャルリアリティ)を楽しむスポットやイベントが誕生しています。ゲームや映画、疑似体験など、さまざまなメディアに利用できるVR。ヘッドマウントディスプレイを装着すれば、どんなところにでも連れていってくれます。例えばアイドルのライブ会場や、エジプトのピラミッド、SFアニメの世界だって可能です。360度映像の世界に没入するこの技術は、我々の生活をどんどん変えていくでしょう。この技術をまだ体験したことがないという人に、ぜひ勧めたいスポットを紹介します。

VRデビューにお勧め

 最初に紹介するのは、BTOパソコンなどを扱うドスパラが運営する「ドスパラVRパラダイス」。複数のブースがあり、アトラクティブなゲームから、癒し映像まで、常時数種類のコンテンツを試遊することができます。試遊と言えど、周りの視線をじわじわと感じる家電量販店などのそれとは異なり、30分の間は自由に遊べるというのが魅力です。完全予約制だからこそ可能なシステムと言えるでしょう。VRデビューをするなら、ぜひ勧めたいヴェニューです。

海抜251メートルから未来の東京へ

 この春リニューアルオープンした、サンシャインシティ内にあるSKY CIRCUS サンシャイン60展望台。VRのコンテンツは2つ。1つは、人間大砲になった気分で、未来の東京の街を旅する「TOKYO弾丸フライト」。もう1つはブランコに乗って、同じく未来の東京を巡る「スウィングコースター」です。両方とも乗り込むハコがあり、それ自体が動くので、他にはない浮遊感や衝撃などを楽しむことができます。海抜251メートルから未来の東京に遊びに行きませんか。

(c)2016 NAMCO All rights reserved. 映像世界へ没入

 最後に紹介するのは、ダイバーシティプラザ3階にある、ナムコが運営するVR体験施設VR ZONE Project i Can。1000円前後で、完結型のコンテンツを体験することができます。時間制限は80分。頭部だけでなく、全身を動かすコンテンツが多いので、より映像世界への没入感を味わえるでしょう。

 「東京、VRの楽しめるスポット」をチェックして、今後も増え続けるVRを用いたイベントやヴェニューをチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆