連載
» 2017年01月25日 07時25分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:ミステリアスな魅力を楽しむ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 東京では、夜遊びをしつつも健康に気をつかう人が増えたのか、薬酒や薬草酒がじわじわと注目を集めています。これらのアルコールにまだ馴染みがないという人も多いと思うので簡単に説明をすると、薬酒とは、生薬をそのまま漬け込んだアルコールのこと。お酒の効用に生薬の薬効が加わることで、なんと生薬単体以上のパワーを発揮するとも言われています。また、薬草酒とは、さまざまな薬草を度数の高いスピリッツに漬け込んでいるもので、ハーブによってさまざまな効果が期待できるほか、独特な味わいやミステリアスなストーリーも楽しむことのできる奥深いお酒なのです。ここでは、これらを楽しめるバーを厳選して紹介します。

寒さの厳しい夜に嗜みたい一杯

 恵比寿にある「Bar Tram」は、薬草系リキュールの1つであるアブサンの専門店。ここでは、日本ではあまり流通していないリキュールも含めアブサンを約70種類、そのほかの薬草系リキュールを30から40種類揃えています。冬におすすめなのは、「Amaro Averna」という苦めの薬草酒をショウガなどで割った「VERTIGO」。飲みやすいうえに、身体もしっかりと温めてくれるので、寒さの厳しい夜に嗜みたい一杯です。

ミステリアスな気分に浸る

 西新宿の雑居ビルのなかにある「ベンフィディック」は、オープンして3年目という新しいバーで、メニューはありません。店内には、マスターの鹿山が育てた自家栽培のハーブやスパイスが入った瓶がずらりと並んでおり、自分好みのリキュールや味を伝えると、カウンターの後ろに並ぶ瓶からハーブを数種類取り出し、薬剤師のようにすり鉢ですって、丁寧にカクテルを作ってくれます。 中世スコットランドのウイスキー密造家屋をイメージした店内で、ミステリアスな気分に浸ってみてはいかがでしょう。

美容系から疲労を和らげる効果のあるものなど

 三軒茶屋の「三角地帯」と呼ばれる、小さな飲食店が集まる迷路のような一角にある「薬酒バー 三軒茶屋店」。扉を開けると、6人ほどが座れるカウンターに、ショウガ、クコ、レモングラス、ラベンダー、まむしなどを漬けた薬酒がずらりと並んでいます。美容系から疲労を和らげる効果のあるものなど、さまざまな薬酒が揃っており、気さくなバーテンダーがその日の体調に合わせた一杯を作ってくれます。

 このほか、「東京、薬酒バー5選」では、原宿や浅草エリアに店を構えるバーも紹介しています。ミステリアスな魅力と味わいを堪能するべく、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

美容 | 疲労 | 健康 | 飲食店


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆