連載
» 2008年02月28日 09時00分 公開

岐路に立つ日本のコンテンツ産業(前編):日本のアニメは本当に世界一? 本気の世界戦略が生き残りのカギ (3/3)

[岡崎勝己,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ITでバリューチェーンが拡大、儲かる仕掛けをいかに作るか?

井上 グローバル化を進めるにあたって見逃すことができない要素がITの高度化です。これはチャンスでもあり、リスクでもあります。

 従来型のメディアは、原作や脚本などからコンテンツを製作し、提供まで一貫して手がけると言う垂直統合型のコングロマリットというモデルを一般的に採用しビジネスを展開していました。しかし、デジタル化やネットワーク化が進んだことで、ゲーム機やPCなど、コンテンツの出口が着々と多様化していることに加え、国外の消費者にも容易にコンテンツを提供することも可能になりつつあります。しかも、「YouTube」の成功などをきっかけに、ハードウェアメーカーや金融、キャリアなど、資本や技術を備えた企業がコンテンツビジネスに参入するケースが増えています。

 そうした企業と連携を図ることでバリューチェーンが広がりをみせ、従来よりも“儲かる”ビジネスモデルを構築できる可能性も高まるわけです。いわゆる「ロングテールビジネス」が可能になったのも、技術が進化したからこそです。

 もっとも、ITのメリットを享受するためには、ITに潜むリスクにもきちんと向き合わなくてはなりません。コンテンツがデジタル化され、複製が容易になったことで、貴重な知的財産であるコンテンツを保護するための仕組みが不可欠になっているからです。ネットワーク上のコンテンツが違法にコピーされたものか否かを判断できる技術が、今、強く求められています。リスクに対して技術的に対応できるようにしておかなければ、バリューチェーンの崩壊を招きかねないのです。

(後編に続く)

「第4回ITmedia エグゼクティブ セミナー」〜グローバルで勝つための経営とIT〜

世界同時株安で景気減速の懸念が強まっているが、優れたビジョンや戦略、オペレーションによってグローバル市場で成功を収めている日本企業も多い。その成否を分けているのは、企業の「現場」が生み出している価値そのものだ。

 第4回ITmedia エグゼクティブセミナーは2日間にわたって開催いたします。1日目は、遠藤功氏(ローランド・ベルガー会長)、根来龍之氏(早稲田大学大学院商学研究科教授)にご登壇いただき、強い現場をつくるための最も重要な要素である「見える化」をテーマに取り上げ、それを実現するためのITの生かし方も探ります。

 2日目では、アクセンチュアで自動車業界の総責任者を務めた三澤一文氏(シーメンスPLMソフトウェア社長)に、他の産業よりも頭ひとつ抜け出た競争力を獲得している同業界の強みや死角を分析いただき、経営はもとより、IT部門のリーダーの方々にも意識改革を促す機会としたい。

詳細/お申し込みはこちらから


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆