連載
» 2008年07月07日 00時15分 公開

間違いだらけのIT経営:「こいつじゃ無理だ」と決めつけない――社内IT人材の育成術 (2/2)

[増岡直二郎,ITmedia]
前のページへ 1|2       

必死に食らいつく人は必ず育つ

 その後何年かして、筆者が製造課長から情報システム課長に配属換えになった時、ふと思いついたことがあった。当時、製造部では生産管理担当者の若返りを図ったり、さらにコンピュータによる生産管理業務の合理化が進んだりしたこともあり、何人かの年配者や評価の良くない人材が余剰人員となっていた。彼らを情報システム部門で使えないか。突飛もないアイディアに、幸いにして当時の勤労課長が興味を示してくれた。かねてからいた情報システム部門の係長たちは、さすがに戸惑っただろう。しかし、製造部門から連れてきた連中は、ここで適応しなかったら行き場所を失うとばかりに必死だった。結局、彼らはそれぞれSE、プログラマー、オペレーターとして何とか一人前に育った。

 ただし、すべてがうまく進んだわけではない。連れてきた数人の中の年配者2人は、適応することができなかった。古巣へ帰すわけにもいかない。情報システム部門に居場所を与えなければならない。庶務事務的な仕事、改善活動や工場運動の取りまとめ、課員の躾教育などに、彼らは懸命に取り組んで居場所を確保した。

 次に筆者がコンサルティングを依頼された零細企業A社の例である。

 A社はわずか10名足らずの販社である。親会社との関係でERPを導入せざるを得ない状況になった。しかし、情報システム部門などもちろんないし、コンピュータを理解する要員などまったくいない。社長に次ぐナンバー2の50代のB取締役資材部長1人が、ERP導入プロジェクトメンバーになり、ベンダーと折衝に当ることを買って出た。

 B部長はコンピュータについて知識も経験もない。B部長は必死になってベンダーにくらいついた。肝心の資材の仕事は、B部長の補助をしていた女性事務員C1人に負荷がかかった。Cも必死である。Cは資材業務で分からないことを質問するために、ERP導入準備にかかりっきりのB部長のかたわらに、最初は朝から付きっきりで離れなかった。補助業務しかしていなかったCは、急速に資材業務を身につけて行った。3カ月ほど経って、CはB部長に頼らずに1人立ちできるまでに育った。やがてB部長は、システム導入補助要員として女性事務員を採用して、教育を始めた。B部長は、彼女を一人前に育てるつもりでいる。かくして、A社のシステムは稼働を始めることができた。

 3つの例を挙げることで、これ以上余計なことを語る必要はあるまい。トップがその気になれば、あるいはキーマンが完全にコミットメントすれば、人材の問題などどうにでもなるのである。トップは、人材がいないと逡巡する必要はない。今すぐ、前を向いて動き出すべきである。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆