ニュース
» 2010年09月24日 17時57分 公開

Twitter活用の鍵――「顧客の心をつかみたいなら顧客先に行くべし」 (4/4)

[岡田靖,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ソーシャルWebを活用するには、企業にとってもチャレンジが必要

 Twitterに期待できることは、Zapposのような「ファン作り」のような活用だけではない。例えばリアルタイム性を生かしてタイムセールに使ったり、自社商品やサービスに関する消費者のツイート(発言)を検索して問題解決の支援を行ったりする顧客サービスなど、さまざまなスタイルで活用されている。

 「Twitterを活用する上で注意しなければならないことがある。恣意的で共感を呼ばないツイートは排除されるということ。サプライヤーロジックで書き込んでいるばかりでは、消費者に切られてしまう。また、フォロワー数だけを見るのも無意味なこと。確かに数も大切ではあるが、最近ではeBayなどのオークションでフォロワー数を購入することだってできる。むしろ、どれだけ本当のファンを集められるかが鍵。そのためには根強くコミュニティーを作ることも重要だ」(本荘氏)

 しかし現実には、サプライヤーロジックに陥っていたり、過去の成功体験に縛られていたり慣性力があったり、変化を受け入れられなかったり、はたまたコンプライアンス面での不安や組織体制、マネジメントプロセス面での問題があったりして、多くの企業にとってなかなか着手しづらい面もあるだろう。特に大企業では難しい面も多いはず。一般的な企業が、組織として取り組もうとした場合、まさにこのような罠に陥ってしまう危険があるのではないだろうか。これまでのメディアでの広報活動とは違った体制でチャレンジすることが、Twitterを活用する上では欠かせないと本荘氏は指摘する。

 「Twitterに代表されるソーシャルWebでは、投資リスクが小さい一方で、経験を通じた学習が必要となるため、実験的な取り組みが有効だ。そうして、継続的な活動を目指していくことが大切だ」(本荘氏)

※本記事は、エグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム 第32回 インタラクティブ・ミーティング「[緊急企画]ソーシャルメディアが築く企業と顧客の新たな関係性―ツイッターに代表される新メディアをどう企業は活用すべきか―」における本荘氏の講演「エコシステム・マーケティング ソーシャルウェブで変わる顧客・市場・社会」を基に再構成したものです。

経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆