ニュース
» 2010年09月28日 15時16分 公開

Appleが証明した企業DNAの力 (5/5)

[大西高弘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

どんな企業も学び、成長する可能性が

 メビウス運動は、概略だけを聞いていると抽象的な理論としてとらえられるかもしれないが、ついこの間まで現役コンサルタントだった名和氏にかかると、ユニクロ、任天堂など具体的な日本企業の例が飛び出し、リアリティが増す。その詳細は「学習優位の経営」で確認していただきたい。組織的にメビウス運動の思考と実践を正確に継続するには、やはりコツがあるし、失敗を重ねながら、身につけていくものだという。

 名和氏の解説を聞いていると、企業はどんなに低調となっても、自らの資産をうまく使って、学び、成長することができる可能性を秘めているのだとはっきりと感じることができる。「フレームワーク」思考などということばが最近流行しているが、やはり、具体的な実践に裏打ちされたフレームワークでなくては、利用しようというモチベーションは上がらない。

 失敗も含めて、あらゆる角度で検討されたものだからこそ、事例として上げられている企業が優良企業であっても、「ウチの会社とはそもそも違う」といった印象が浮かばない。逆に「ウチの会社のDNAといえば……」とすぐさま応用したくなる。

 「思いつきの新事業が突然走り出し、いつも頓挫する」「現場のカイゼン運動ばかりやって組織が疲弊しきっている」「全社員で考えても今後の方向性が見えない」など、規模の大小を問わず、自社内にまん延する閉塞感を打破したいミドル以上の方は、一度メビウス運動を机上だけでもやってみてはいかがだろう。

経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

関連キーワード

経営 | Apple | iPod | イノベーション


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆