連載
» 2011年12月19日 08時00分 公開

戦略を実行する第3ステップ――組織の人材を分析する戦略が確実に実行され、業績が上がる組織の動かし方(2/2 ページ)

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

モチベーションとスキルの関係

 チームを作る際に、「モチベーション」と「スキル」ということについて知っておく必要がある。組織にいるメンバーをモチベーションとスキルの観点からマトリックスに記し、組織全体の人材分布を明らかにすると有効である。

 モチベーションとスキルの高さの度合いは、リーダーの主観で判断しても構わない。ただし、作成したマトリックスをリーダーの右腕や信頼できる人に見せ、フィードバックをもらうと、より深い分析ができることもある。

 指標のイメージは次のとおりである。

A:「モチベーションが高い」とは

1、成果思考である

2、失敗を恐れず、常に前進するチャレンジ精神を持っている

3、自分があまり得意としない業務でも、前向きに取り組む

4、自発的に業務に取り組む など

B:「スキルが高い」とは

1、コミュニケーション能力が高い

2、専門的な業務知識を持っている

3、アイデアを形にすることができる

4、正確性がある

5、成果を出すまでのスピードが速い など

人材マトリックス

 第1象限の人はスキルも高く、モチベーションも高い人である。ここに属する人たちは自分で考え動けるので、適宜承認したり、ほめてあげたりして、やる気を保ってあげるとよいだろう。

 第2象限の人は、モチベーションは高いものの、スキルは低い人なので、やり方やテクニックを具体的に話す必要がある。

 第3象限の人は、スキルは高いがモチベーションは低い人で、評論家のようなタイプとも言える。この部類の人たちには、実行する意義をしつこいくらいに何度も話すことが重要である。

 第4象限の人は、モチベーションも低く、スキルも低い人である。こういうことをやってほしい、と細かく伝え、手本を見せて行動させることである。そして、できたら少し大げさなくらいにほめて、モチベーションを上げてあげることである。

 大切なのは、リーダーが定期的にフォローアップすることである。実行するのにやはり人はカギになる。

 今回は戦略を実行する第3ステップとして組織の人材を分析するということについて話した。次回は戦略を実行する第4ステップとして、ミッション、ビジョンについて話す。


著者プロフィール

細川馨(ほそかわ かおる)

ビジネスコーチ株式会社代表取締役

外資系生命保険入社。支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。2005年に当社を設立し、代表取締役に就任。コーチングを勤務先の保険会社に導入し、独自の営業システムを構築、業績を著しく伸ばす。業績を必ず伸ばす「コンサルティングコーチング」を独自のスタイルとし、現在大企業管理職への研修、企業のコーポレートコーチとして活躍。日経ビジネスアソシエ、日経ベンチャー、東商新聞連載。世界ビジネスコーチ協会資格検定委員会委員、CFP認定者、早稲田大学ビジネス情報アカデミー講師。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆