連載
» 2020年02月27日 07時03分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:仕事が速い人が無意識にしている工夫 (1/2)

リーダーの仕事は、時間を生み出すこと。そのためには仕事を速くする工夫をすること。どうすばいいのだろうか?

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


工夫とは、速くすることだ

『仕事が速い人が無意識にしている工夫』

 リーダーの仕事は、時間を生み出すことです。仕事をすることは、工夫をすることです。工夫とは、具体的には速くすることです。工夫をするといっても、目的がないと、どうすればいいか分かりません。目的は速くすることです。

 コピー1枚とるにも、速くする方法があります。どちら向きにすればいいとか、最終ページからとった方が後で並べかえなくて済むとか、いろいろ考えることができます。最終的には、きれいなコピーのとり方、分かりやすいコピーのとり方など、いろんなことに気付くキッカケが生まれるのです。

 工夫の仕方が見つからない時は、とにかく速くすることを考えます。昨日と同じスピードだったら、工夫はゼロです。会社の仕事は、そんなに変わりばえのするものではありません。昨日も、一昨日も、3年前も同じ仕事をしています。ベテランも新入社員と同じ仕事をしているのです。

 そこにどう工夫を加えるかです。そこに評価が入り、自分のモチベーションも生まれます。結果、工夫する人は速くなり、速い人はますます工夫するという正のスパイラルに入るのです。

 同じことを、昨日より速くすることです。

給料を2倍にしたかったら、2倍速くする

 今までの時代は、給料を2倍にするために、2倍長く働いていました。これが残業です。働き方改革の時代では、2倍長く働いている人は会社のお荷物になって、リストラに遭うのです。大切なのは、2倍速く仕事をして、余った時間で付加価値のあるものをつくることです。

 今は生産性と付加価値がゴッチャに語られています。生産性と付加価値は別の議論です。

 生産性を上げるということは、10時間かかる仕事を5時間ですることです。これは、あくまで手段です。最終目標は、余った時間、余った人員で付加価値をつくることです。

 付加価値とは、ほかの人がマネできないことです。ここにしかない、オンリーワンのものをつくるのです。仕事にムダな時間をかけていると、オンリーワンの付加価値をつける時間は生まれません。

 まずは、今、自分がしている仕事を2倍速くします。そして、あいた時間で未来へのタネをまきます。

 日々の仕事に追われていると、不安が生まれます。不安を解消する方法は、唯一、未来へのタネをまくことです。未来へのタネをまくのは、宝くじを買うのと同じです。宝くじを毎日買っている人は、常にワクワクしています。未来への不安はありません。今日の仕事に追われていると、宝くじを買うヒマがないのです。

 不安とは漠然としたものです。説明はできません。「私はこれからどうなるんだろう」という漠然とした不安は、「このままリストラに遭ったらどうしよう」「老後のお金をどうしよう」「急に病気になったらどうしよう」といったことで、最終的にはお金の不安につながるのです。

 余った時間で、未来に種をまくことができるのです。

撮影タイムには、「集まってください」より「ハイ、チーズ」

 工夫とは「いつもの言葉」を変えることです。

 講演の後で、よく「写真を一緒に撮ってください」と言われます。

 その時に、

 (1)すぐに人が集まる

 (2)ダラダラして、なかなか集まらない

という2通りの場合があります。

 その差が大きいのです。

 主催者が「中谷先生と写真を撮りますから、皆さん早く集まってください」と言うと、永遠に時間がかかります。ダラダラしている集団は、右肩上がりになれない集団です。右肩上がりの人は、さっと集まります。企業でも勉強会でも、その人が右肩上がりか右肩下がりかは、さっと集まるかどうかで分かるのです。

 「早く集まってください」と言われる人は、どんな先生が来ても、毎回同じようにダラダラしています。これは主催者の言い方が悪いのです。

 「集まってください」と言うと、ダラダラします。

 「ハイ、チーズ」と言うと、「あっ、もう撮るんだ」と思って、急いで来ます。

 「早く集まってください」と言うと、「集まっていない人が大勢いるんだな。まだ行かなくていいな」という油断が起こるのです。

 前の先生の講演が終わって、休憩後に次の講演が始まる場合は、大体の人が開始時間に席に戻っていません。ここで主催者が「まだトイレに行っている方もいらっしゃいますので、そろってから始めましょう」と言うと、なかなか戻ってこないのです。そういう時は、始めてしまうことです。始めると戻ってきます。

 待っているだけでは、永遠に人は集まりません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆