連載
» 2020年07月27日 07時09分 公開

視点:生活者起点で捉えるスマートシティ3.0〜スマートシティからサステナブルシティへ〜 (1/2)

第三世代の「スマートシティ3.0」は、分野横断のデータ利活用による都市機能の最適化を志向している。

[田村誠一,ITmedia]
Roland Berger

第三世代に突入したスマートシティ

 2019年8月、内閣府、総務省、経済産業省、国土交通省は「スマートシティ官民連携プラットフォーム」を設立。本年4月、国土交通省は「先行モデルプロジェクト」15事業の実行計画を公表、総務省は「データ利活用型スマートシティ推進事業」を公募するなど、スマートシティを巡る動きが活性化している。

 スマートシティが脚光を浴びるのは初めてではない。2000年代末、再生可能エネルギーとエネルギー管理技術の発達に伴い地球環境との共生を志向した第一世代。2010年代半ば、ビッグデータ解析によるエネルギー分野以外の社会課題解決を志向した第二世代。今回は、いわば「スマートシティ3.0」。分野横断のデータ利活用による都市機能の最適化を志向している。

 都市機能の最適化は、課題先進国日本の喫緊課題だ。日本の生産年齢人口は1995年をピークに減少が続き、2030年に2017年比で9.5%減、2055年には33.8%減が予想される。

 生活保障はもちろん、老朽化する生活インフラの維持すら容易でない。「スマートシティ3.0」は、生産年齢人口3割減社会における持続可能な都市の再創造に他ならない。

Smart City Strategy Index(SCSI)

 都市機能の最適化は、特定分野に対する特定ソリューションの導入だけで実現できるものではない。例えば、eモビリティの導入自体は容易でも、高度な交通管理システムとスマートグリッド(需要と共有双方から電力の流れを制御する次世代送電網)接続なくして、最適化には程遠い。基盤となるデータ分析プラットフォームやセンサーネットワークも不可欠だ。さまざまな活動を有機的に連携させ、同時並行で進行させる包括性が求められる。

 ローランド・ベルガーは、スマートシティ戦略を6つの適用分野と6つの促進基盤からなる12指標(Smart City Strategy Index (SCSI))に分類、2017年、世界87都市のスマートシティ戦略の包括度を評価した。1位はウィーン。シカゴとシンガポールがこれに続いた。次いで2019年、世界153都市を対象とした第2弾を公表。1位はウィーン。ロンドンとセントアルバート(カナダ)がこれに続いた。(図A1参照)

A1:Smart City Strategy Index(SCSI)―戦略の包括度測定指標、A2:SCSI 2019 上位15都市

 ウィーンは、2015年に策定したスマートシティ戦略を、2018年にデジタル視点で更新。ステークホルダーとの関係はじめ、実効性や計画性の評価も極めて高い。ロンドンとセントアルバートは、ITや分野横断のイノベーションが高く評価された。153都市の内、60点以上を獲得した包括度の高い都市は15都市。調査対象の10%(前回調査では7%)に過ぎず、平均スコアは41点(同37点)にとどまった。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) Roland Berger. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆