ニュース
» 2020年10月14日 07時14分 公開

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:フジテック、聖域なきDXへの挑戦 (2/2)

[酒井真弓,ITmedia]
前のページへ 1|2       

情報システム部がデジタルイノベーション本部に

 2019年4月、フジテックは、情報システム部をデジタルイノベーション本部に改組した。特筆すべきは、これまでのコストセンター機能に加えて、R&D機能と予算を持ったことだ。

 1つの成果として、今年4月、エレベータの新商品にGoogle Cloudを活用したデジタルサイネージのサービスをオプションとして追加した。情シスが、商品開発プロセスに初めて参加した。小さな一歩だが、今までとは違うDX的なサービスをリリースすることができた。

 製造業の商品開発に必要なことは、今も昔も変わらない。「『現場、現物、現実』『やってみなはれ』といった精神は普遍だと思っています。ただ、概念としては、『デザイン思考』や『グロースハック』へとアップデートすべきです。具体的には、まずはサービスや機能を作り、それを運用していく中で課題を見つけて現状を把握します。次に、それを解決する仮説を立てて検証し、その結果を実装し、改善していく。製造業の商品開発にも、そういったグロースハックのアプローチが必要だと考えています」(友岡氏)

会社をグロースハックせよ!

武闘派CIOのイノベーション大作戦

 終盤で友岡氏は、イノベーションに臨む心得を示した。

虎の尾を踏むな

 虎がいたら逃げろ。イノベーションはゼロからイチを生むことなので虎、つまり既存システムやプロセスといったルーティーンがそこにあれば、すでにゼロではない。それは単なるカイゼンである。虎のいないところを探そう。

アリの穴一作戦

 大きなイノベーションを目指すのではなく、アリが通れるくらいの小さなイノベーションの穴をあける。最初の変革は小さくて良い。どこに穴をあけるかを常に探すこと。

どこまでもPoC作戦

 「PoCならいいよ」と言われたら、普及率7割くらいまでPoCでいってしまうのがお勧め。現場での効果を十分実感できてから、本番移行を宣言したら良い。

抵抗勢力に抱きつけ

 ボクシングのクリンチのように、強い抵抗相手には距離を詰めて抱きつくぐらい寄り添うことが重要。抵抗勢力と距離を置いてはダメで、相手が「もういいから」と言うぐらい諦めずに寄り添おう。あとは愛嬌も重要。愛嬌で難局を乗り切ろう。

夢を持とう

 不確実な時代には夢が生きる力を与えてくれる。同じ夢を見る仲間と志を立てて頑張ろう。

 友岡氏は「DXの目指す姿は民主化です。社会でも、会社においても情報を通して人々を力づける。社会の分断を否定して、テクノロジーで全ての人に優しい社会を、自分たちでアップデートしていきたいと考えています」と締めくくった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆