ニュース
» 2021年11月24日 07時05分 公開

寝る子は育つ?――リーダーこそストレス回復効果が圧倒的に高い「睡眠」を改善すべきだITmedia エグゼクティブ勉強会リポート(1/2 ページ)

自身の睡眠をよいものにすることに関心があるかと聞くと約9割が「関心がある」と答える。睡眠を通じてメンタルを改善することで、生産性の向上も期待できる。

[山下竜大,ITmedia]
LIFREE ファウンダー スリープコーチ 角谷リョウ氏

 ライブ配信で開催されているITmedia エグゼクティブ勉強会に、LIFREE ファウンダーでスリープコーチの角谷リョウ氏が登場。2012年より、ビジネスマンのパフォーマンス向上に特化した生活習慣改善コーチングを1万人以上に提供してきた実績やノウハウを生かし、「高いストレス状況でも仕事のパフォーマンスを最大限に発揮できるベスト睡眠とは」をテーマに講演した。

リーダーが睡眠を改善すべき3つの理由

 米国で、3万人を8年間追跡した研究の結果、ストレスが高い人はそうでない人に比べて死亡リスクが43%高かった。しかし、高いストレスに対して、うまく対処できたグループは最も死亡率が低かった。

 「ストレスがかかってもポジティブに対策することで、能力が発揮されたという事例です。ストレス学でも、強いストレス後に、しっかりとケアすることで、これまで以上の能力を発揮できるということが報告されています。それでは、どうすればストレスを回復して、パフォーマンスを向上させられるのでしょうか」(角谷氏)。

 映画を見る、買い物をする、お酒を飲む、ごろごろするなど、一般的な日常生活にストレス改善効果はほとんどなく、またマインドフルネスは、効果はあるが継続率は2%以下で、再現性が低いのが問題である。運動の方が、はるかに現実的で、少し強めの運動は、抗うつ薬と同じくらい回復効果があるという研究結果もある。

 運動よりハードルが低いのは食事である。例えば、緑茶を1日4杯以上飲む人は、1日1杯以下の人に比べてうつ病発症リスクが50%低いという研究結果がある。しかし、圧倒的にストレス回復効果が高いのは「睡眠」である。

 「よく寝れている人と不眠の人では、うつ病の発症率は40倍違うという研究結果があります。いきなりうつになることはほとんどなく、不眠からうつがはじまるといわれています。睡眠をきちんと取れば、疲労も取れ、食事もでき、生活リズムも整うので全て解決します。特にリーダーは、睡眠を改善すべきです」(角谷氏)。

 リーダーが睡眠を改善すべき理由は、以下の3つ。

(1)睡眠不調はパフォーマンスもメンタルも下げる。

 経済産業省の調査では、睡眠不足状態は生産性を30%低下させると報告されている。また睡眠不足状態は、事故や病気のリスクを劇的に上昇させる。

(2)無料かつ寝ているだけで効果がある。

 深い睡眠ができる人は、勉強や記憶の能力が向上する。睡眠中には、アミロイドベータと呼ばれる脳のごみが排出され、成長ホルモンが出るので、成長、回復を促進できる。食事を変えることなく適正体重に近づくことも報告されている。

(3)睡眠不調は周りの人に悪影響がある。

 睡眠が不足していると、記憶力、判断力、計画力、問題解決能力、コミュニケーション能力の全てが低下する。

 角谷氏は、「睡眠が不足していると、交流したいという相手の評価が激減し、相手が敵意を持っていると思い込みやすくなります。チームリーダーが睡眠不足だと、コミュニケーション能力が低下するという論文は数多く発表されています。これは、ぜひリーダーに覚えておいてほしいことです」と話す。LIFREEでは、『リーダーシップと睡眠』というハンドブックも提供している。

やってはいけない睡眠常識5つ

 睡眠を正確に測定するには、睡眠専門外来でのPSG(ポリソムノグラフィー)検査が必要になる。睡眠を測定する簡易デバイスを利用することもできるが、一番精度が高いデバイスでもPSG検査の60%以下の精度。スマートフォンアプリでは、40%以下になる。

簡易PSG検査で睡眠を測定中の角谷さん

 やってはいけない睡眠常識は、以下の5つ。

(1)たくさん寝ないといけない

 厚生労働省が推奨する睡眠時間は、「人それぞれ」である。角谷氏は、「昔は、8時間〜10時間寝ていたが、昔のように寝られなくなったと思うことはないでしょうか。実は、50代、60代の睡眠時間は6時間以下です」

 世界で最も寝ている国は、1位が南アフリカ、2位が中国、3位がインドだが、平均寿命の世界ランクは、南アフリカが151位、中国が53位、インドが125位である。一方、世界で最も寝ていない国は、1位が韓国、2位が日本、3位がノルウェーだが、平均寿命の世界ランクは、韓国が11位、日本が1位、ノルウェーが15位である。

 最適な睡眠は人それぞれで、年齢によっても変わるということを知るのが重要だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆