ニュース
» 2008年05月01日 00時00分 UPDATE

徹底的に“究めて、極める”――セイコーエプソン新社長に碓井氏

セイコーエプソンの新社長に内定した碓井氏は、社員のチームワークをモットーに、総合力で競合に挑む。

[伏見学,ITmedia]

 セイコーエプソンは4月30日、代表取締役および役員人事の変更を発表した。花岡清二・現代表取締役社長に代わり、碓井稔常務取締役が新たに社長に就任する。6月末の株主総会で決定する方針。花岡氏は引き続き代表取締役として会長職を担当する。

就任会見で豊富を語る碓井稔氏 就任会見で豊富を語る碓井稔氏

 就任会見の中で碓井氏は、繰り返し「チームワーク」を強調。自由な社風や社員同士の円滑なコミュニケーション、一体感のさらなる醸成を目指すとともに、これまで培った技術やものづくりを強化していく。碓井氏は「(同社の主力技術となる)マイクロピエゾは、現場の絶え間ない努力と全社員の総合力、チームワークで勝ち得たものだ」と意気込んだ。

 主なやりとりは以下の通り。


――最初に社長就任を聞いた時の心境は?

青天の霹靂(へきれき)で、言葉を失った。53歳という年齢なので、まだまだいろいろなことをやらなくてはならないと思っていた。

――今後のインクジェットプリンタインクの事業展開は?

 インクジェットは液体を飛ばす技術であり、特にマーキングやプリンティング分野に強さを持つ。今後はコンシューマーからエンタープライズ、高速印刷、産業装置に至るまで、幅広い領域をカバーしたい。あらゆる領域を徹底的に究めるのがわたしの責務だ。

――座右の銘は?

 「究めて、極める」。ターゲットを絞って徹底的にやり遂げるという意。

――家庭ではどのような父親像か?

 だめな父親だと思う。子どもの教育はすべて母親に任せているので、子どもは皆母親が好き。わたしは家庭をかえりみずに働くだけ。

今回の人事異動で社長を碓井氏に譲る花岡氏(右) 今回の人事異動で社長を碓井氏に譲る花岡氏(右)

 碓井氏は東京大学工学部卒の53歳。1979年11月に同社入社。取締役を経て、2007年10月から現職。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆