ニュース
» 2008年07月08日 00時05分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:グリーンITで余分な仕事が増えるというのは間違い

福田首相も公式の場で言及するなど、IT業界の枠を越えて広がりを見せているグリーンIT。単なる一過性のブームではなく、業務の効率化を目指す上で重要なコンセプトだという。

[伏見学,ITmedia]

 「グリーンITに関して多くの誤解がはびこっている」。テックバイザージェイピーの栗原潔代表は、6月24日に開催された経営層向けのセミナー「第9回 ITmedia エグゼクティブ ラウンドテーブル」で講演し、企業はグリーンITに対する取り組みをタスクではなく戦略としてとらえるべきだと述べた。

グリーンITの重要性を説く栗原潔氏 グリーンITの重要性を説く栗原潔氏

 グリーンITは、米国のベンダーを中心に2006年ごろから使われるようになった言葉で、昨年あたりから日本でも広まってきている。在宅勤務やテレビ会議の導入で交通機関の利用を減らし、二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガスを抑制する「ITを活用したグリーン化」(広義のグリーンIT)と、データセンターやオフィスPCなど「IT利用におけるグリーン化」(狭義のグリーンIT)がある。もともとはIT業界から生まれた発想だが、2008年1月に開催されたダボス会議(世界経済フォーラム)で福田康夫首相がグリーンITに言及するなど、最近では業界の枠を越えて浸透しつつある。

 しかし一方で、「グリーンITは単なるブームにすぎない」「グリーンITのために余分な仕事が増える」といった誤解も多いと栗原氏は指摘する。

 「グリーンITをブームだととらえて、短期間に損得勘定だけで動くのは逆効果となる。じっくりと腰を据えて長期的に取り組むものだ。また、単にタスクととらえるのではなく、グリーンITをきっかけにIT基盤の効率化を図るべきである。これは日本版SOX法の対応についても同様のことが言える」(栗原氏)

 そこで栗原氏が提唱するのは、経済と環境の双方に効果をもたらす一挙両得型のグリーンIT戦略だ。一般的にグリーンITといえば、データセンターのグリーン化を指すことが多い。例えばデータセンターで取り組む場合、省エネタイプの空調を導入したり、サーバやストレージの集約、仮想化を行ったりする。これは電力コストや設備コストの抑制に加えて、CO2排出量の削減にもつながっている。

 栗原氏は「グリーンITの本質は、環境のためにITの効率性を犠牲にすることではなく、ITの効率化を目指すことで結果的に環境に貢献することである」と強調した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆