ニュース
» 2008年09月08日 17時31分 UPDATE

大型倒産相次ぎ負債総額は今年最大に 帝国データバンク調査

帝国データバンクが発表した8月の企業倒産情報によると、負債総額が8150億円近くに上っていたことが明らかになった。

[ITmedia]

 帝国データバンクは9月8日、2008年8月の全国企業倒産集計を発表した。倒産件数は1018件に上り、3カ月連続で1000件を超える高水準となった。負債総額は今年最大となる8148億5800万円を記録。建設・不動産業の相次ぐ大型倒産が引き金となった。

 倒産件数は、前月比では10.0%の減少だが、前年同月比では3.4%増加した。景気後退局面を迎え、倒産件数は増加傾向にある。負債総額は、前年同月比で2.4%減だったが、前月と比べて27.3%も増加している。

 マンション分譲を手掛けるアーバンコーポレイション(負債2558億3200万円)、りんかい日産建設(同629億8300万円)、戸建住宅分譲の創建ホームズ(同338億8900万円)など、建設・不動産業の大型倒産が要因となった。サブプライムローン問題により銀行が運転資金を貸し渋っており、業界全体の経営環境が急激に悪化した。加えて、原料の高騰も響いている。

 そのほか運輸・通信業では、倒産件数56件、負債額60%増となり、2005年4月の集計基準変更以降で過去最悪となった。燃料価格の高騰が経営に深刻な影響を与えているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆