ニュース
» 2009年10月29日 07時45分 UPDATE

Teradata PARTNERS 2009 Report:仕事と遊びが同じ?!「ネット世代が会社を変える」とタプスコット氏【後編】 (1/2)

引き続き「Teradata PARTNERS 2009」で行われたドン・タプスコット氏のゲスト講演を紹介する。同氏は、年長世代がデジタルネイティブ世代を冷静に理解し、企業が将来、人事やマーケティングの分野でどのように取り組んでいくべきかを提言する。

[栗原潔(テックバイザージェイピー),ITmedia]
tapscott02.jpg ドン・タプスコット氏

 前編に続き、先週ワシントンD.C.で開催された「Teradata PARTNERS 2009」におけるドン・タプスコット氏のゲスト講演を紹介する。カナダの著名テクノロジーリサーチャー/コンサルタントである同氏は、「デジタル・エコノミー」「ウィキノミクス」など、テクノロジーがもたらしたパラダイムシフトを的確にまとめ上げたベストセラーの著者として知られており、最近では「デジタルネイティブが世界を変える」(翔泳社刊、本稿筆者の栗原潔が翻訳)も著している。

 今回、タプスコット氏がゲスト講演したTeradata PARTNERSは、今年で開催24回を数える歴史あるユーザーグループ主催のカンファレンスだ。220以上のセッションが用意されているが、そのうち約70はユーザー企業によるもので、日本からもJCB、ふくおかフィナンシャルグループ、京王百貨店、および楽天が選ばれ、その先進事例を紹介している。

Twitterは単なる遊びではない

 最新刊の「デジタルネイティブが世界を変える」を下敷きにした今回のゲスト講演でタプスコット氏は、年長世代が彼らを冷静に理解し、企業が将来、人事やマーケティングの分野でどのように取り組んでいくべきかを提言している。

 年長世代が学び、適切な対応をすべきものの例として同氏は、ネット世代が「仕事」「遊び」「協業」「学習」を同一のものとみなしている点を挙げる。

 ネット世代がソーシャルメディアやTwitterで友人と情報交換するのは、単なる遊びではなく、組織を超えた協業の手段であり、学びの場でもある。しかし、この点を理解できない企業の管理職は、単純に職場ではソーシャルメディアの使用を禁止してしまうのだ。

 「ネット世代の生産性を低下させるだけではなく、ネット世代にとってその企業の魅力を低減させることにもつながってしまう」とタプスコット氏は警告する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆