連載
» 2012年05月22日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:世界的映画監督たちの展示

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 新緑の季節に、代々木公園で開催されるイベントを2週にわたって紹介してきましたが、今週は少しアカデミックに、世界的映画監督に関する展示を紹介します。

0521takeshi.jpg

 まずは、北野武 凱旋「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」です。2010年3月から9月まで、6カ月にわたってパリで開催された同展が、日本で凱旋開催されます。“コメディアン・ビートたけし”“世界的映画監督・北野武”など、さまざまな顔がありますが、現代アーティスト“BEAT TAKESHI KITANO”として描いた作品が日本国内で初めて展示されています。

 4月13日から東京オペラシティアートギャラリーで開催されているので、もう見た方もいるかもしれませんが、動物のカバと魚のランチュウがひとつになった「カバ ランチュウ」など、不思議で楽しい作品がたくさん。1994年のバイク事故以降、リハビリを兼ねて描き始めたという絵は非常に色鮮やかで、「ペンキ屋だったおやじの影響だ」と本人が語っている。9月2日までなので、ぜひ期間中に足を運んでください。

0521David.jpg

 続いては、渋谷ヒカリエ8階のスペース、8/ART GALLERY/Tomio Koyama Galleryで開催される「デヴィッド・リンチ展」です。「ツイン・ピークス」「マルホランド・ドライブ」などで知られる映画監督デヴィッド・リンチですが、日本では1991年、東京の東高現代美術館にてペインティングとドローイングの展覧会を開催するなど、映画のみならず、絵画や写真、アニメーションや立体作品など、さまざまな方法で独自の表現活動を続けています。

 今回の展示では、水彩、ドローイング、リトグラフを中心とした、デヴィッド・リンチの最近の作品が紹介されることになっています。開催は少し先ですが、2012年6月27日(水)から7月23日(月)までです。

 タイムアウトバジェット:「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」大人当日券1300円、「デヴィッド・リンチ展」入場無料

 アート作品を楽しむ際、両監督の映画を改めて見るのも楽しそうです。繰り返し見た映画作品にも、新たな気づきがありそうです。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆