ニュース
» 2007年11月06日 08時00分 公開

BEA Japan Forum 2007リポート:実用段階に入るSOA――マクドナルドやNTTドコモの取り組み (2/3)

[岡田靖,ITmedia]

大日本印刷の「創発的な」社内ポータル

 また大日本印刷(以下DNP)は、情報システム本部 吉田幸司氏が「大日本印刷の企業戦略を支えるWeb 2.0的情報流通基盤」と題したセッションを行った。

 吉田氏は冒頭、DNPは出版印刷業務からスタートし、その技術を広く展開していくことで、現在では非常に幅の広い業務ポートフォリオを持つに至ったと説明した。

 「各事業は、それぞれ独立した事業体となっており、なかなか関連を持つことが難しい状況になっています。一方、当社では2001年に掲げた経営理念の中で『創発的』という言葉を用いていますが、これは創造的な連鎖を発展させていくといった意味にとらえられます。今にしてみれば、Web2.0的な考え方を当時から持っていたのですね」(吉田氏)

 DNPは、昨年10月に社内ポータルを一新した。それが「創発的」な雰囲気を助けるものだという。

 「当社では、カメラマンやファッションモデルから、デザイナー、印刷機の技術者、IT系技術者、事務職員まで多様な人材がいます。その従業者の多様性が創発につながると考えています」と吉田氏は言う。

 かつての社内ポータルは事業部門ごとの縦割りだったが、新たなポータルではデザインや用語は共通化し、極力それを避けるように工夫した。

 「できるだけ多様性を保持したままコミュニケーションを活発にしていきたい」(吉田氏)一方で、会社としては理念や価値観の共有を図ることも重要だ。

 こうした要件を満たすべく作られたポータルは、トップページの下にタブで利用シーンを区切り、それぞれのタブの中には多様な機能をポートレットとして表示するような形となった。

 「まだWeb2.0的な機能は実装されていませんが、Web2.0的な考え方はすでに盛り込んであります」と吉田氏は言う。

 参加する電子会議室などの新着情報を各ユーザーにフィードしたり、ニュースなどのコンテンツにコメントをつけられる参加型メディアなどが用意されている。

 「今後は、Notes上にある1,000以上の電子会議室、1万以上のNotesDB、そして3万5000人にのぼるユーザーの個人プロフィール、それらを有機的に連携させて、Web2.0的ポータルへ発展させていく方針です」(吉田氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆