ニュース
» 2007年12月11日 09時00分 公開

「日本はSAPに匹敵する製品をつくれる」「電子政府は出来が悪い」 (3/3)

[岡田靖,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

「課題はイノベーションを推進するCIOの育成」――東京大学須藤教授

須藤修氏 東京大学須藤修教授

 「今や日本経済の中心はITにあると言える」と発言するのは、東京大学の須藤修教授。これらIT分野においてイノベーションが求められているという。特に同氏は、ネットワークを通じて外部資源を有効活用した「オープン・イノベーション」に期待していると話す。

 「オープン・イノベーションは、コラボレートで参加するアーキテクチャだ。こうしたイノベーションを推進するCIO人材を育成していくことが、大きな課題となってくる」と須藤氏。

 そのためには、社会や経済に関する高度な知識とITに関する高度な知識を両立させた人材をCIOとして育成することが必要だという。

 「文系・理系の両方の知識を持ったCIOが育ってくるまでは、それぞれの立場のCIOが必要になるだろう」

「CIO学の確立を」――早稲田大学小尾教授

小尾敏夫氏 早稲田大学小尾敏夫教授

 国際CIO学会の会長である早稲田大学の小尾敏夫教授は「理系の大学生が組織論を学びたがる」と言う。

 「理工学部でCIO学を教えてくれと言われた。日本には、そもそも理系の学生が少ないが、彼らに経営層に入り込むパスとしてCIOを経験するのがポイントと思われている」

 国際CIO学会は、同日発表した「ワセダCIO声明」の中で「CIO学」の確立を提言し、高度ICT人材育成に向けて尽力している。

 「この動きは世界的なもの。米国のCIO学会に参加したとき、世界銀行がCIO育成に投資したいという話があった。途上国の政治の透明化のために電子政府を推進してほしいと考えており、そのためにCIOを育成したいのだそうだ。それを受けて、国際CIO学会は世銀やAPECと組んで、3者でコンテンツをつくっていくことにした」と小尾氏。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆