ニュース
» 2008年05月24日 00時30分 公開

「ほかに先んじてビジネスチャンスをつかめ」――中国の重慶政府が説明震災復興の励みに(2/2 ページ)

[伏見学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

コスト安を前面に

 アウトソーシングやオフショア開発の拠点として注目される重慶だが、中国には北京、上海はもちろんのこと、ソフトウェアパークでは大連が既に高い成果を出している。さらに重慶は内陸部という点で、他の沿岸地域と比べ不利な面も多い。果たしてどこで差別化を図るのか。

 「人件費が圧倒的に安い」。そう話すのは、重慶市発展改革委員会の羅清泉副主任だ。IT産業で見た場合、北京や上海と比べて人件コストは2分の1以下。同じ内陸部の成都や西安と比べても低コストとなる(下図参照)。当然のように物価も安くなるため、生活しやすい環境が整っているという。近年は日本からの直行便が増えるなどアクセス面でも改善がみられる。また、中国では珍しく、ブロードバンドが全市内に普及している点も大きなポイントとなる。

他都市と比べて重慶の人件コストの低さが分かる 他都市と比べて重慶の人件コストの低さが分かる

 今後のビジョンについて、羅副主任は「IT産業全体では、2012年までに3000億人民元(1人民元=約15円)の売り上げを達成する。中でもソフトウェア開発とITサービスに注力しており、同年までに500億人民元の売り上げと12万人の開発者育成を目指す」と意欲を見せた。

「重慶におけるIT産業の将来は明るい」と語る羅清泉・重慶市発展改革委員会副主任 「重慶におけるIT産業の将来は明るい」と語る羅清泉・重慶市発展改革委員会副主任
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆