ニュース
» 2010年10月26日 09時59分 公開

米Gartner、2011年に注目すべきテクノロジートップ10を発表1位はクラウドコンピューティング(3/10 ページ)

[ITmedia]

ソーシャル・コミュニケーションおよびコラボレーション

 ソーシャル・メディアは次のように分けることができます。

1.ソーシャル・ネットワーキング――MySpaceやFacebook、LinkedIn、Friendsterなどのソーシャル・プロファイル管理製品およびソーシャル・ネットワーキング分析(SNA)テクノロジー(人と知識を発見するために人間関係を理解し活用するアルゴリズムを実装したテクノロジー)。

2.ソーシャル・コラボレーション――Wiki、ブログ、インスタント・メッセージング、コラボレーティブ・オフィス、クラウドソーシングなどのテクノロジー。

3.ソーシャル・パブリッシング ― コミュニティーにおいて、メンバーがアクセスして利用できるコンテンツ・リポジトリ(YouTubeやFlickrなど)への個々のコンテンツの格納を支援するテクノロジー。

4.ソーシャル・フィードバック――YouTubeやFlickr、Digg、delicious、Amazonなどに見られるように、具体的なトピックについてコミュニティーからのフィードバックおよび意見を入手するためのテクノロジー。2016年までに、ソーシャル・テクノロジーはほとんどのビジネス・アプリケーションに統合されるとガートナーは考えています。企業は、ソーシャルCRM、社内コミュニケーション/コラボレーション、パブリック・ソーシャル・サイトなどのイニシアティブを戦略として統合し調整する必要があります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆