ニュース
» 2010年10月26日 09時59分 公開

米Gartner、2011年に注目すべきテクノロジートップ10を発表1位はクラウドコンピューティング(8/10 ページ)

[ITmedia]

ストレージ・クラス・メモリ

 コンシューマー・デバイス、エンタテイメント・デバイス、そのほかの組み込みITシステムではフラッシュ・メモリが広く使われていますが、フラッシュ・メモリはサーバ/クライアント・コンピュータのストレージ階層に新たなレイヤを提供し、スペース、熱、パフォーマンスおよび耐久性の面で大きなメリットをもたらします。サーバおよびPCのメイン・メモリであるRAMとは違い、フラッシュ・メモリはたとえ電源が切られた場合でも持続性があります。

 このため、フラッシュ・メモリは、電源が切られたり再起動されたりした場合でも情報を保持することが求められるディスク・ドライブに近いといえます。コストの観点から見た場合、単にフラッシュからソリッド・ステート・ディスク・ドライブを作成することで、この価値あるスペースにファイルまたは全ボリュームのすべてのデータを置くことができます。一方、ファイル・システムの一部ではなく明示的にアドレスを指定した新しいレイヤでは、フラッシュ・メモリが提供するパフォーマンスと持続性の組み合わせが求められる、影響力の大きな情報の項目のみを格納できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆