ニュース
» 2010年10月26日 09時59分 公開

米Gartner、2011年に注目すべきテクノロジートップ10を発表1位はクラウドコンピューティング(9/10 ページ)

[ITmedia]

ユビキタス・コンピューティング

 ユビキタス・コンピューティングの歴史は古く、1988年にXerox PARCのマーク・ウェイザー氏によって「コンピュータが各所に埋め込まれ利用者が意識することのないコンピューティングの世界」が提唱されたのが起源とされています。過去、ユビキタス・コンピューティングは、「1台のコンピュータを多くの人が利用する第1の波」「1台のコンピュータを1人が利用する第2の波」に続く、「1人を多くのコンピュータが取り囲む第3の波」を表現するキーワードとして説明されています。

 それが提唱された当初や、ブームとなった2000年初期には、さまざまな技術的制約や課題があり、その後、このキーワードは忘れられかけていましたが、昨今のコンピューティング性能やキャパシティの向上が、当時のビジョンを現実のものとしつつあることから、再び注目を集めつつあります。コンピュータが広く普及するとともにRFIDタグとその後継技術によって物体間の通信が可能になるのに伴い、ネットワークはこれまでの中央一元的な方法では管理しきれない規模にまで達し、さらにその先へ広がるようになります。

 この状況は、カーム・テクノロジー(利用者の意識を阻害しないテクノロジー (同じくマーク・ウェイザー氏が提唱)として実現されるのか、ITとの明示的な管理・統合として行われるのかに関係なく、オペレーショナル・テクノロジー(OT)へのITの浸透という重要なトレンドにつながります。

 さらに、このキーワードを中心とする議論では、パーソナル・デバイスの急速な広がりが何をもたらすのか、コンシューマライゼーションがITの意思決定にどのような影響を与えるのか、また1人当たりのコンピュータの数の急増に伴い人々にどのようなケイパビリティ(能力)が必要となるのかなどについての重要な指針を提供します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆