ニュース
» 2012年10月16日 08時00分 公開

オリンピックの魔物を払いのけてメダルをつかんだ選手たち小松裕の「スポーツドクター奮闘記」(2/2 ページ)

[小松裕(国立スポーツ科学センター),ITmedia]
前のページへ 1|2       

ありのままを受け入れ、ベストを尽くす

 女子レスリングの伊調馨選手のオリンピック3連覇も強く印象に残りました。

 伊調選手は万全な体調ではありませんでした。ロンドンに入ってからすぐ、練習中に捻挫をしてしまったのです。試合までそれほど時間はありませんから、よく考えたら大変なことです。しかし、本人はもちろん、コーチや周りのスタッフも誰も大騒ぎもせず、平然と構えているのです。愚痴も言わず、もちろん誰かのせいにすることもありません。

 試合中も相当痛かっただろうと思います。我々メディカルスタッフもやるべきことはすべてやって、騒がず、見守りました。怪我しているようなそぶりも見せない戦いぶりで、彼女は見事に金メダルを獲得しました。

 起きてしまったことを受け入れて、動じず、その状態でいかに戦うかだけを考える。できそうでなかなかできないことです。トップアスリートたちは自分でコントロールできることと、できないことの区別が明確です。起きてしまって自分でコントロールできないことは振り返らず、その状態でベストを尽くすことにだけ、前を向いて集中することができるのです。

 予期せぬさまざまなことが起こりうるオリンピックという大舞台。今回のロンドンオリンピックでも、魔物やアクシデントを払いのけて勝利をつかみ取る、そんな偉大な選手たちをたくさん目の当たりにすることができました。

 どんな場面においても、受け入れて、動じることなく、迷うことなく、力を発揮することができるオリンピック選手たち。我々が生きていく上で、参考になる、勉強になることばかりです。

 これからも、そんな一流選手たちのすばらしさを伝えていきたいと思います。


著者プロフィール

小松裕(こまつ ゆたか)

国立スポーツ科学センター医学研究部 副主任研究員、医学博士

1961年長野県生まれ。1986年に信州大学医学部卒業後、日本赤十字社医療センター内科研修医、東京大学第二内科医員、東京大学消化器内科 文部科学教官助手などを経て、2005年から現職。専門分野はスポーツ医学、アンチ・ドーピング、スポーツ行政。

オリンピック選手にまつわるエピソードが盛りだくさんの新刊『いつも「本番に強い人」の心と体の習慣』(日本文芸社)も好評発売中。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

根来龍之

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

小尾敏夫

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

郡山史郎

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

西野弘

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

森田正隆

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆