連載
» 2015年11月09日 08時00分 公開

<新連載>経営はチームでやる仕事ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方(3/3 ページ)

[山下淳一郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

多元的な経営者の仕事

 経営者の仕事とはどんなものがあるのか。経営の仕事は会社全体の責任を担うものであり、当然社員とはまったく違う。経営者の細かな仕事は、会社によって業種によって当然違う。しかしあらゆる企業に共通する経営者の仕事は6つある。以下がそれだ。

1.使命を決める仕事

経営チーム第一の仕事は、会社の使命を決めることだ。人が仕事するためには目的が必要だからだ。

2.価値観を創る仕事

人間として正しい道を貫くために必要な、会社のあり方、会社の考え方を明らかにする仕事だ。組織は物事を判断する物差しが必要だからだ。会社として、決まり、ルール、規則を打ち立てなければならない。

3.組織をつくる仕事

社員に価値ある仕事を提供し、社員のエネルギーを創り出す仕事だ。行動の元となる根本的な考えを打ち立て、成果をあげられる組織をつくっていくこと。

4.良い関係をつくる仕事

事業に影響を与える相手と良い関係をつくらなければならない。会社は、お客様をはじめ、地域、お取引先、提携先、協力会社、株主、投資家、銀行など、外の力を借りて成り立っている。ゆえに、どれか一つでも、おろそかにしてしまえば、会社の信用を失うことになってしまう。

5.外と関わる仕事

業界の集まりに出席する仕事。オーナー企業といえども経営者は個人ではない。必要な場に出向かなければ会社の信頼を失うことになりかねない。

6.矢面に立つ仕事

予期しない出来事は起こるものだ。そんな危機に遭った時、経営者は矢面に立たなければならない。これは避けて通れない。

 これら経営の仕事を1人で担うことはできないことは先に述べたとおり、お分かりいただけたと思う。事業を成長させていくために、経営チームを機能させるにあたって必要なものは何か。第2回から、経営チームがチームとして成り立つために必要な6つのことを伝えていく。

著者プロフィール:山下淳一郎

トップマネジメント株式会社 代表取締役

ドラッカー専門のコンサルタント。コンサルティングファーム出身、上場企業役員を経て、トップマネジメント株式会社を設立。上場企業を始めとして、IT企業の経営チームにドラッカーの理論を活用するコンサルティングを提供している。一般社団法人日本経営協会専任講師、淑徳大学の経営学講師、デジタルハリウッド大学院大学客員教授、ダイヤモンドビジネスタレント派遣講師を務める。著書『ドラッカーに学ぶお客様を幸せにする会社の作り方』(角川フォレスタ)、寄稿に『人材育成の教科書』(ダイヤモンド社)、『企業と人材』、『経済界』、『人事マネジメント』等。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆