海外進出企業に学ぶこれからの戦い方

「海外進出企業に学ぶこれからの戦い方」の連載記事一覧です。

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

日本の、そして世界の鉄鋼業界のリーディングカンパニーである新日鐵住金が、本腰を入れて海外展開を図り始めた。日本流でここまでの成長を成し遂げてきた新日鉄住金は、グローバルカンパニーへと進化できるであろうか?

【井上浩二、小林知巳(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

キヤノン、リコー、ゼロックス、自社の倍以上の規模を持ち、体力も市場での認知度もある競合と戦って、いかにグローバルで競争優位を築くか。コニカミノルタは、エッジの効いた差異化戦略で強力なライバルと互角以上の戦いをしている。

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

世界の製造業を支える日本のグローバル・ニッチ・メーカーのイノベーション力とは。

【井上浩二、小林知巳(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

グローバル化、海外進出というと成長性の高い新興国に目が向きがちである。しかし、現存するマーケット規模から考えると、先進国をターゲットとしてビジネスを展開することも1つの重要なオプションとなる。

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

海外展開に成功した即席麺は現地の日常の食生活に溶け込んでいる。いかに早く現地の食文化に広く深く溶け込むかが海外展開での競争優位性を決める。

【井上浩二、小林知巳(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

「お、ねだん以上。」で知られるニトリは、高品質な商品を低価格で提供するために原材料調達、および製造拠点を海外に求めてきた。一方、販売面では国内全国網を築き上げることに注力し、本格的な海外進出はこれからである。今期は、これまで学びの場として活用してきた米国に進出し、その先は中国への進出を計画している。ニトリは、日本で築いた力と地位をてこに、マーケットとしての海外展開に成功することができるであろうか?

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

「クールジャパン」が象徴するように、日本の文化が海外に広まりつつある。日本食も一つのブームとして、海外にビジネスを展開する日本の外食企業は増加しつつある。中でも近年ホットなのが、アジア市場である。

【井上浩二、小林知巳(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

 日本食、アニメ、ゲームといった日本文化に深く根差した商品、サービスが徐々にグローバルに広がっている。日本文化に根差した製品の1つにウォシュレットがあるが、TOTOはこの製品を軸に真のグローバル企業へと転身できるであろうか?

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

「日本の食べ物は美味しい」日本人ばかりでなく、海外から日本に訪れた外国人の多くが共通に持つ日本での感想である。しかし、日本の食品メーカーの海外売上高比率は決して高くない。

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

日本の容器業界の盟主である東洋製罐が、本格的に海外展開に取り組み始めたのは2006年と決して早くはない。同社は、長期的には海外売上高比率を30%にまで高める計画を立てており、昨年度は9%にまで達した。今後の展開に向けては、5年から10年で海外のM&Aに1000億円を投じる方針も発表している。汎用品である容器ビジネスは、今後内需の成長は見込めないと言われている。そのような状況下で、今後の成長を懸けた東洋製罐の積極的な海外展開の取り組みは成功するであろうか?

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

楽天は、2012年を「真の世界企業の幕開けの年」とし、今後海外展開を更に加速していく方針である。5月にはマレーシアに進出すると発表した。2008年に台湾に進出してからわずか4年で12カ国目の展開となる。これまでは、買収もしくは現地企業との合弁会社の設立でビジネスを展開していたが、今回は初の単独進出になる。「27カ国体制」を目標に海外進出を加速する楽天だが、今後順調に海外展開を継続できるであろうか?

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

連結売上高1兆9817億円(2012年3月期)の80%以上を海外売上が占めるコマツ。日本企業の中でもグローバル化の優等生と言われるこの企業は、どのようにして現在の企業体を作り、また進化させようとしているのだろうか?

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()
海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

売上高2兆円を超え、日本の家電量販店業界では一人勝ちといわれるヤマダ電機。この企業の海外進出は、その企業規模からみると実にのんびりしているように見える。何故このようなスピードで海外展開を図っているのであろうか?

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()
【新連載】海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:

ユニ・チャームは「失われた20年」の期間に企業価値を最も高めた企業として有名だが、その企業価値向上の原動力として海外展開を最も成功させた企業の1つでもある。高原氏が2001年に社長に就任してからの10年間で、海外売上高を278億円から1598億円に、全売上高に占める比率を13.1%から42.4%にまで伸ばした。成功の要因はどのようなものであろうか?

【井上浩二(シンスター) , ITmedia】()

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆