連載
» 2012年02月21日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:週末は“美味しいイベント”へ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 菜の花やふきのとうなど、春を告げる食材が並んでいますね。みずみずしい旬の物を食べると、体が生き生きするように思います。なんでも通年で食べられるようになりましたが、やはり季節を意識して食事をするのが楽しいです。今回は、旬の食材をたっぷり楽しめるイベントを紹介します。

0221oyster.jpg

 まずはカキです。カキも、1年を通して手に入りますが、この時期は真ガキの栄養価がもっとも高く、味も良くなるんだそうです。2月25日(土)には、ぜひ築地市場へ出かけてみてください。「第1回 瀬戸内ひろしまカキ祭」が開催されます。カキの生産量が日本一多い広島から、なんと、旬のカキ1万個が届きます。新鮮なカキを1番美味しく味わえるのは焼きガキだそうで、会場では、火を通すことで旨味が凝縮したアツアツをいただくことができます。カキと同様に、国内での生産率が日本一という、広島産のレモンをじゅっと絞って、どうぞ。早めに行くと良いことがあります。当日会場でアンケートに答えた先着1000人に、焼きガキが無料で配られます。

 そして、広島以外にも、日本全国の美味しいものが食べられるのが、2月24日(金)から京王百貨店で開催される「ニッポン全国美味しいもの展 ご当地自慢アンテナショップ祭り」です。秋田県の横手やきそば、栃木県・宇都宮餃子、山梨県・もつ煮込み、兵庫県・姫路おでんなど、日本各地のご当地グルメからスイーツ・スローフードまで、“うまいもの”が大集合します。また、都内で展開されている、あおもり北彩館、宮城ふるさとプラザ、山形名産四季の杜など、16店のアンテナショップが出店し、ご当地自慢を競い合います。イートインでは、姫路のご当地グルメ、生姜醤油で食べる「姫路おでん」と姫路駅名物「駅そば」が販売されます。

 タイムアウトバジェット:焼きガキ3個500円から

 地元の懐かしい味、初めて味わう驚きの味……今週末はぜひ、美味しいイベントに足を運んでみてください、そして、美味しいものがあれば、美味しいお酒も欲しくなります。伊勢丹新宿店では、「世界を旅するワイン展」が開催されていますから、こちらも合わせてお楽しみください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆