連載
» 2012年09月11日 08時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:サクサクシュークリーム流行中

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[東谷彰子(タイムアウト東京),ITmedia]

 まだまだ残暑厳しいですが、「食欲の秋」がスタートしつつあります。スイーツ業界では、シュー生地にクッキー生地などをのせて、皮をサクッと香ばしく焼きあげたシュークリームに人気が集まっていますよ。今回は、この9月に新発売、リニューアル販売されている2種類を紹介しましょう。

0911shu.jpg

 まずは、銀座「フレデリック・カッセル銀座三越」のシューヴァニーユ。9月5日から新発売されていますが、その味は絶品です。外身は、生地にクランブルを伸ばして焼きあげることでサックリと最高に香ばしい食感を実現。中身は、フランスでベスト・ミルフィユに輝いたフレデリック・カッセルの「ミルフィユ・バニーユ」 の、あの究極のクリームをたっぷりと使用しています。クリームがたっぷり、ぎっしりとつめられたボリューム感のあるサイズも魅力的。9月5日から25日までは、オーダーしたその場でクリームを詰める「メイドトゥオーダー」を実施しています。出来立ての味をお楽しみください。

 続いて、日本橋「モンシェール 日本橋三越店」のシューアラクレームです。モンシェールで人気のクッキーシューが9月からリニューアルし、クリームをさらに増量しておいしくなっています。驚くほどの量の生クリームと、高級バニラビーンズをたっぷり入れたクリーミーなのにしつこくない贅沢な味わいのカスタードが2層になっており、充実しています。外身は、シュー生地の上に薄いクッキー生地をのせて焼き上げ、やわらかめのやさしい食感に仕上げています。

 タイムアウトバジェット:「フレデリック・カッセル銀座三越」シュー・ヴァニーユ 378円(税込)、「モンシェール 日本橋三越店」シュー アラクレーム 240円(税込)

 クッキーシューは、現在パリでも流行中だそうです。そんな話題も一緒に、手土産にするのはいかがでしょうか。ぜひ、サクッと美味しいシュー皮とともにたっぷりのクリームを口いっぱいにほおばってください。上記の2種以外にも、まだまだ知りたい方は、こちらをチェックしてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 コンテンツ・ディレクター 東谷彰子

toya120.jpg

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界35都市に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆