連載
» 2017年05月23日 07時00分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:アートはコーヒー片手にじっくり眺める

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 デザインエージェンシーartlessのアートディレクター、川上シュンの手がける日本茶とコーヒーのスタンドが原宿から中目黒高架下に移転、リニューアルオープンを果たしました。ここでは、アポイントメント制のギャラリーも併設され、さらにパワーアップした「artless craft tea & coffee」を紹介します。

デザインコンセプトは茶室

 元々コーヒーや茶が好きだった川上の、趣味の延長のような店だという同スタンドのデザインコンセプトは茶室。店に足を踏み入れると、茶釜を設(しつら)えた立派なカウンターや、秀逸なデザインの茶器がわれわれを迎え入れてくれます。日本独自の伝統美と現代的なスタイリッシュさが絶妙に入り交じった店内は洗練されており、スタンドというフランクなスタイルではあるものの茶室のような緊張感も漂う、独特の雰囲気を持った空間となっています。

ハンドドリップでいれたコーヒー

 提供されるのは、ハンドドリップでいれたコーヒーや、京都の茶園で直接選んだほうじ茶、玄米茶など。コーヒー豆に関しては、毎週違ったものが用意されます。なかには、コーヒーロースターでありながらバリスタトレーナーとしても活躍し、マレーシアで多くのバリスタチャンピオンを輩出しているJoey Mahが手がける豆も置かれているので、ぜひ一度味わいたいですね。

アポイントメント制のギャラリー

 冒頭で触れたギャラリーは、店の奥に併設されています。アポイントメント制の一番うれしいところは、自分のペースでじっくりと作品を鑑賞できるということ。美術館などでは、どうしても多くの人とともに作品を鑑賞しなくてはならないため、ついつい急ぎ足で見てしまったなんて人も多いでしょう。しかし、自分のためだけに解放される同ギャラリーではそんな心配は不要です。平日は完全アポイントメント制での開放ですが、週末は誰でも鑑賞できるように一般開放となるので、気軽に作品に触れることもできます。ただ、より深く作品を楽しみたいのならば、アポイントメントを取って足を運ぶのが良いでしょう。

 そのほかの詳しい情報は「カルチャーが交差するartless craft tea & coffee、中目黒に移転オープン」で紹介しています。ギャラリースペースではトークイベントなども開催されていく予定なので、アーティストの思いを直接聞ける絶好の場ともなりそうな予感。アート、コーヒー、茶、伝統など、さまざまなカルチャーが詰まったartless craft tea & coffee。この刺激的な空間で新しい何かに出会うべく、足を運んでみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えのもと、日本の優れたヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆