ニュース
» 2010年10月26日 16時29分 公開

優秀な人材がイノベーションの源泉――ワークスアプリケーションズ牧野CEOの人材戦略トークライブ“経営者の条件”(5/5 ページ)

[岡田靖,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

コストの高い日本のITを世界水準にしたい

 牧野氏らがワークスアプリケーションズを興したのは、世界的な水準に比べて日本のITコストが高いという現実を変えたい、との思いからだ。

 「日本でも、ITコストを世界と同じようなレベルにしたい」と牧野氏は言う。

 実際、かつて大手企業の基幹系などはスクラッチ開発が当たり前だった。それを低コスト、かつ効率的に利用できるようにと作られているのがERPである。

 「ERPの主要ベンダーといえば欧米の大手2社。これらが世界市場を握っており、対抗できるERPベンダーは日本にはいなかった。だから、日本にも彼らに匹敵するERPベンダーがあるべきだと考え、会社を興した」(牧野氏)

 当然、目指すのは主要ベンダーの座だ。今後、ワークスアプリケーションズが目指すポジションは、「少なくとも世界3位」(牧野氏)だという。

 「私は、少なくともあと10年は経営をやるつもり。その間には、世界ナンバースリーには入っていたいと考えている。ワークスアプリケーションズがなくなったとしたら、困るのは日本の大企業各社。なので、ベンチャーからメガベンチャーへと成長させていく必要がある」(牧野氏)

 牧野氏にとって、ワークスアプリケーションズの成長は、自社のためだけではない。顧客企業、ひいては日本経済のために役立つものという考えが、その根底に流れている。

経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

関連キーワード

社長 | 経営 | 経営者 | マーケティング


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆