連載
» 2012年09月03日 08時00分 公開

グローバル時代を生き抜くスマートリーダー術:あなたはボスかリーダーか (2/2)

[林正愛(アマプロ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

あなたは何をしたいのか

 そのアメリカ企業のリーダーがよくする質問があるそうです。「あなたは何がしたいですか」

 ともすると、「これがわたしがあなたにやってほしいことです」とか「これがわたしがやりたいことです」と言いがちです。しかし、成果を残すリーダーはこのように聞くのです。

 自分で問題を見つけ、解決策としてどんなことがあり得るか、自分で考えさせる。リーダーはそれに対してフィードバックをすればいいのです。リーダーが答えを言ってしまっては部下は育たない。自分で考え、自分の意見を持つ。その重要性を認識しているのです。

 以前話しましたが、わたしが会社を経営して少し経ったころ、弊社を手伝ってくれる人がいました。彼女は快活で元気だったのですが、わたしがこれをやりたい、あれをやりたいということが先行し、指示ばかりを出していました。会社の理念や会社が目指している方向性について説明せず、彼女の意志を尊重していませんでした。結果として、彼女は「自分がやりたいことは自分で書くことです」と言い辞めることに。彼女がどう考えるかを聞き、何をしたらいいのか意見を聞く耳を持っていませんでした。

 現在はわたし自身がいろいろな経験を通して学び、「何をしたいですか」「どうしたらいいと思いますか」「何が問題だと思いますか」と意識的に聞くようにしています。聞くことで考えてくれるようになり、逆にわたしがすべてを決めなくても、スタッフたちが「こんなことをできるのではないですか?」と提案をしてくれるようにもなりました。

模範になっているか

 リーダーに必要なことについてある人は「Example」と言います。つまり、模範を示すことです。リーダーは人の手を引いて、もしくは人の前を歩くと先に言いましたが、それに部下がついてくるためには、模範となる必要があります。

 自分が部下にこうしてほしいと思うのであれば、自らがそのような行動をとる。こんな行動をとってほしくないと思うのであれば、そういう行動をとらない。自分がしないことを部下がするわけはなく、逆にそのように行動していたら、それを見てまねるはずです。

 起業再生を手がけている人や銀行で融資業務をしていた人に「組織の成長はどこを見たら分かりますか?」と聞いたことがあります。いずれも同じ答えが返ってきました。「リーダーを見ればすぐに分かる」

 組織はリーダーの器以上に大きくなることはありません。ボスになり、自分の思う通りに組織を動かそうとすると、組織の成長はそこで止まってしまいます。リーダーとして模範を示し、手をとって、もしくは前を歩いて、人を導いていく――そんなリーダーが今求められています。

著者プロフィール

林正愛(りんじょんえ)

BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ、ファイナンシャルプランナー、英検1級、TOEIC955点。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。British Airwaysに入社し、客室乗務員として成田―ロンドン間を乗務。その後中央経済社にて経営、会計関連の書籍の編集に携わった後、日本経済新聞社に入社し、経営、経済関連の書籍の企画および編集を行う。2006年4月に退職し、「眠っている才能を呼び覚ませ」というミッションのもと、優秀な人たちが活躍する場を提供したいという思いから、同年10月にアマプロ株式会社を設立。仕事を通じて培ってきたコミュニケーション力や編集力を生かして、企業の情報発信をサポートするために奔走している。企業の経営層とのインタビューを数多くこなし、その数は100名以上に達する。その中からリーダーの行動変革に興味を持ち、アメリカでエグセクティブコーチングの第一人者で、GEやフォードなどの社長のコーチングを行ったマーシャル・ゴールドスミス氏にコーチングを学ぶ。現在は経営層のコーチングも行う。コミュニケーションのプロフェッショナルが集まった国際団体、IABC(International Association of Business Communicators) のジャパンチャプターの理事も務める。2012年4月からは慶応義塾大学メディアデザイン研究科で学んでいる。著書『紅茶にあう美味しいイギリスのお菓子』(2000年、アスペクト)。2児の母。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆