連載
» 2018年12月20日 07時03分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:50歳は「人生の正午」。新たな自分と出会う可能性を誰もが持っている (2/2)

[大野誠一, 豊田義博, 河野純子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 このような状況を繰り返す中で、多くの人は、現状に慣れてしまいます。何をするかは会社が決め、どのように進めるかを考えて実行する。自身の人生の主導権を明け渡し、会社が決めた役回り、振り付けに合わせて行動します。

 この傾向は、男性に、そして高学歴者に顕著です。中核人材を長期雇用して育成するという日本型雇用システムを最も享受するのは大卒男性。そして、享受する代償として、人生の主導権を明け渡すのです。

 だから、こうした人たちは、「自分が何をするか」を、うまく決めることができません。能力がないのではありません。経験がないからです。決めたことがないからです。今、日本には、自分の人生の主導権を明け渡してしまったことで、これからの人生を自らの意志でデザインすることができないたくさんのミドル人材、シニア人材がいるのです。

8つの価値軸、4つの法則

 本書に登場している22人のほぼ全てが、そんな日本企業の正社員でした。その人たちが、なぜ、どのようにしてライフシフトできたのか。なぜ自身の価値軸に気付き、どのように変身したのか。本編である22人の変身ストーリーは、まさにその実例です。普通の人たちがライフシフターへと変身するプロセスは、山あり谷あり。人生の危機を、どのように人生の転機へとシフトできたのか。「人を育てる」「好きを仕事に」「社会に貢献」「手に職つけたい」「海外とのかけはしに」「故郷に帰る」「住みたいところへ」「家族とともに」という8つの価値軸に分けて紹介しています。

 そして、本書の結論部分には、22人の変身ストーリーを通して見えてきた「ライフシフトの法則」が紹介されています。それぞれ個性的でユニークな変身ストーリーなのですが、実はそこには「5つのステージを通る」「旅の仲間と交わる」「自分の価値軸に気付く」「変身資産を活かす」という4つの法則があったのです。

 その法則の一つ「5つのステージを通る」のアウトラインを簡潔に紹介しましょう。

 ライフシフト・ストーリーには、5つのステージが登場します。このままでいいのか、何かおかしい、と「心が騒ぐ」ステージ。目的地は定かではないけど、何かをやってみようと「旅に出る」ステージ。何かを手掛け、人と出会う中で、どこを目指せばいいのかに気付く「自分と出会う」ステージ。目的地にたどり着くために、インプットや試行錯誤を重ねる「学びつくす」ステージ。そして、過去を活かし、かつ、過去を捨てて新たなことを軌道に乗せる「主人公になる」ステージ。この5つのステージを経て、人はライフシフトを果たすのです。

 22人のライフシフターが変身するストーリーが、そして、全員のストーリーに共通する「ライフシフトの法則」が、エグゼクティブやリーダーの皆さま自身の未来を考える上でのすてきなヒントを、あるいは、社内のミドル人材、シニア人材を活性化する上での気付きを提供できるのではないか、と思っています。ぜひ、ご一読ください。

著者プロフィール

大野誠一(全体監修/写真中央)

ライフシフト・ジャパン代表取締役CEO。リクルートにて『ガテン』『アントレ』を創刊すると共に、『とらばーゆ』『ダ・ヴィンチ』の編集長を歴任後、パナソニック、ローソンHMVエンタテイメントで新規事業開発に取り組む。2017年、NPO法人ファザーリング・ジャパンの安藤哲也と共にライフシフト・ジャパンを設立。ヴァイオリニスト葉加瀬太郎が音楽監督を務めるレーベル『HATS』の取締役社長を兼任。

豊田義博(序論、結論執筆/写真右)

ライフシフト・ジャパン取締役。リクルート入社後、『就職ジャーナル』『リクルートブック』『Works』編集長を経て、リクルートワークス研究所主幹研究員。2017年、ライフシフト・ジャパン設立に参加、パラレルワーカーに。主な著書に『若手社員が育たない。』『就活エリートの迷走』(以上ちくま新書)、『「上司」不要論。』(東洋経済新報社)などがある。

河野純子(本編編集/写真左)

ライフシフト・ジャパン執行役員。リクルートにて『とらばーゆ』編集長を務めたのち、住友商事に転身し、新規事業開発に取り組む。2017年にライフシフトし、海外留学を経て、2018年より慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科に在籍。同時にライフシフト・ジャパンに参加。個人事務所にて事業開発コンサルティング・プロデュース活動を展開する。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆