ニュース
» 2021年04月06日 07時08分 公開

AI栄養士が食事のアドバイス 創業70数年の食と健康の思いをIT活用で新たな価値に変革――「あすけん」天辰次郎氏ITmedia エグゼクティブセミナーリポート(2/2 ページ)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 「ECサイトを立ち上げ、オリジナルの雑穀を販売したり、社食レジと連動したり、ガラケー版/スマホブラウザ版の開発をしたり、デパ地下に総菜屋をオープンしたりしました。総菜屋では、スタッフも集まらなかったので、私自身もレジに立ったりしていました。現在は、これらのサービスをほとんど閉じていますが、たくさんの学びが得られ、のちの成長の糧にはなったと考えています」(天辰氏)

 転換期は、2013年〜2014年に公開したスマホアプリのヒットだった。当時、食事管理系のスマホアプリはあったが、簡易なカロリー計算程度のもので、あすけんのような本格的なアプリはなかった。そのため、PC版・ガラケー版を使っていた数千人の既存会員が、一気にスマホアプリをダウンロードした。

 結果として、スマホアプリを公開して、すぐにダウンロード数トップ10入りを果たし、さらなる会員の獲得につながった。天辰氏は、「スマホアプリがヒットしたのは、サービス提供当時から、あすけんを利用してくれているロイヤルカスタマーのおかげです。スマホアプリのヒットにより、まわりのイメージが大きく変化しました」と話す。

 会員数50万人までは9年かかったが、50万人〜100万人は1年半で実現。直近1年では100万人の会員を獲得している。ある程度まで成長すると、成長が成長を生む状況を確立できた。成長サイクルは、大きく3つ。まず会員数が増えると、ストアやSNS、メディアでの露出が増え、さらに会員が増えるという1つ目のサイクルが生まれる。

 会員数が増えると売上・利益が増え、予算も増える。予算が増えると施策の質や回数が向上しプロダクトの質が向上し、会員が増えるという2つ目のサイクルが生まれる。さらに、会員が増えると、人材市場での認知が上がり、従業員の数と質が向上し、プロダクトの質が向上するので会員が増えるという3つ目のサイクルが生まれる。

 「会員数が100万人を超えると、ネスレのウェルネスアンバサダーやドコモのdヘルスケア、資生堂の肌パシャなど、世界を代表する企業の健康サービスとのコラボレーションも実現できました。外部の評価も高くなり、日本生産性本部の“日本サービス大賞”の優秀賞など、さまざまな賞も受賞できました」(天辰氏)

諦めず努力すれば花を咲かせることもできる

 「諦めなかったことも成功要因の1つです。まったくダメだった施策もありましたが、成果を積み上げたことで、社内の信用を少しずつ獲得できました。上層部も諦めずに、現場がやりきれるように、耐えきれるように支援してくれたことも成功要因です。2007年の創業から、潜伏期間が7〜8年ありましたが、ここで止めなかったことは、経営陣に感謝しています」(天辰氏)。

 あすけん自体がグリーンハウスの思い、歴史の延長線上にあるDX事業・ITサービスであったことが諦めなかった理由でもある。天辰氏は、「食と健康に貢献する取り組みでなければ、もっと早く白旗を上げていたと思います」と話す。

 天辰氏は、「私自身、特別キラキラした経歴ではありませんが、それでも念じれば通じるというか、努力すれば花を咲かせることができました。DXの推進、特に新規事業では、大企業とベンチャー的要素のメリットを生かし、いわゆるベンチャー起業家に負けない覚悟と行動でやりきれば必ず成功します。皆さんも諦めないでチャレンジし続けてください」とエールを送って締めくくった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆