連載
» 2022年01月05日 07時02分 公開

2022年に注目したい日本映画タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 コロナ禍にありながら、アニメの大ヒット作品からゴールデングローブ賞ノミネート作品まで、いくつもの話題作が生まれた2021年は、日本映画界にとって特別な年だったことは間違いなありません。では、2022年はどうでしょう?

 新海誠の新作アニメや2020年東京オリンピックの公式ドキュメンタリー、怪獣コメディーなど、来年の公開が発表されている作品だけ見ても、その勢いは衰えることはなさそうです。2022年に注目したい日本映画をご紹介します。

新海誠による待望の新作

 映画『言の葉の庭』以降3年ごとに長編アニメを発表している、新海誠による待望の新作『すずめの戸締まり』。九州に住む17歳の少女である鈴芽(すずめ)が、ある扉を探しているという旅する青年と出会うことで始まる物語です。予告編はまだ公開されていませんが、制作発表で公開されたポスターを見るだけでも期待が高まります。そこにあるのは、新海の特徴といえるあの「青空」。観客を魅了する作品になることは間違いでしょう。2022年の秋に公開予定です。

 当初2021年に予定された『シン・ウルトラマン』の公開が、2022年5月13日(金)に決定しました。企画と脚本は総監督を務める庵野秀明が、監督は樋口真嗣が担当。樋口は子どもの頃からの触れてきたヒーロー作品を監督するに当たり「先輩たちが生み出し育ててきた、まぶしく重たいそのバトンを次につなぐ責務を粛々と努めて参る所存です」とコメントしています。迫力ある特撮と前代未聞の怪獣バトルに期待したいところです。

 2022年秋に公開が予定されている『ヘルドッグス』は、『検察側の罪人』『燃えよ剣』などを手掛けた監督、原田眞人の新作です。 原作は深町秋生の小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』ですが、原田は今作のインスピレーションになった作品として、『タイトロープ』(アメリカのテレビシリーズ、1960年代頭に日本で放送)と『東京暗黒街・竹の家』(1955年制作のアメリカ映画、フィルムノワールの名作)を挙げています。主演の岡田准一が演じるのは、司法制度に背を向けている元警察官、兼高。トラウマを抱えた彼はヤクザ組織に潜入し、のし上がっていきます。

 その他、「2022年に注目したい日本映画5選」では、東京2020オリンピックの舞台裏を撮影したドキュメンタリー映画や空想の怪獣映画など、おすすめの映画を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

映画 | アニメ | 庵野秀明


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆