連載
» 2021年11月02日 07時05分 公開

東京駅にサステナブルな食体験ができる野外フードコートが登場タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 近年、東京でもビーガンレストランや、環境に配慮した食材を使用した店などが続々と登場し、サステナブルな食文化が構築されつつあります。東京駅の八重洲中央口に期間限定でオープンしたビート八重洲(Beeat!!八重洲)は、「食の未来につながるものがたりの発信」をコンセプトにしたフードコート。現在8台のフードトラックが出店しており、ビーガンメニューを含むサステナブルな料理を楽しめます。

「食の未来につながるものがたりの発信」をコンセプトにしたフードコート

 アペタイザーには、アマン東京のバーニャカウダがおすすめです。旬の野菜や、八重洲近郊にある都市型の植物工場で栽培された京橋レタスをディップして味わえます。フードトラックのビーナスでは、フジッコの「ダイズライス」を使った「スリランカ風薬膳スープカレー」や「パエリア」などを提供しています。「ダイズライス」は大豆を主原料とした米状の食品で、米よりも高タンパク質かつ低糖質なことで注目されています。

 その他ソフトドリンクやビール、カクテルなどの酒類を販売するドリンクトラック2台と、イタリアンスタイルのピザトラックも登場しています。完全なビーガンメニューを食べたい場合は、中国料理店の泰興楼へ行ってみましょう。大豆ミートを使ったジャージャー麺は絶品です。

 また、ベジタリアンブッチャーの肉厚でジューシーな「プラントベースハンバーガー」で腹を満たした後は、植物油や動物由来の乳脂肪などを使用しないビーガンアイスクリームで締めくくるのもいいでしょう。センター内には座って食事を楽しめるテーブルや椅子、ベンチを設けたオープンスペースもあります。

 ビート八重洲は、2022年3月末までの出店予定です。今後は、Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINEとの連携により、食をテーマとしたショートフィルムの上映や、映画に登場する料理を再現したメニューの提供なども行う予定です。

 その他、「東京駅にサステナブルな食体験ができる野外フードコートが登場」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

料理 | 期間限定 | 野菜 | 環境配慮 | 食事


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆