連載
» 2021年07月20日 07時06分 公開

村上隆らのドラえもんが街を彩る、六本木アートナイトが開催タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 今年も『六本木アートナイト2021』の開催が決定しました。期間は2021年9月23日(木・祝)〜26日(日)で、一部作品は鑑賞機会分散のため9月11日(土)から先行展示が始まる予定です。

メインプログラムアーティストは村上隆(C)2021 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. (C)MADSAKI/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. (C)Fujiko-Pro

 『六本木アートナイト』は国立新美術館といった文化施設にとどまらず、東京ミッドタウンや六本木商店街など街全体で現代アート、音楽、パフォーマンスといった作品を点在させ、非日常的な体験を作り上げるアートの祭典です。2009年3月のスタート以来、年々発展を遂げてきており、今年のメインプログラムアーティストには村上隆を迎えます。

 今年のテーマは「マジカル大冒険 この街で、アートの不思議を探せ!」。2020年に開催取りやめとなった『六本木アートナイト2020』や、『六本木アートナイト スピンオフ・プロジェクト』のプログラムを引き継ぐ一方、六本木アートナイト・デジタル『RAN TV』などのデジタルも取り入れ、リアルとのハイブリッドを試みます。

 イベントモチーフには、村上自身が「20世紀、日本が生んだ最大のポップアイコン」と形容するドラえもんが選ばれました。生みの親である藤子・F・不二雄と村上はこれまでも数々の作品をコラボレーションしてきましたが、今回は高さ10メートルもの巨大バルーン作品を制作します。

 村上がキュレーションした参加アーティストは、MADSAKI/マサキ 、タカノ綾、大谷工作室など12組。彼らも「ドラえもん」をテーマとした新作に挑みます。伝説のアイコンを通して、六本木の街とどのようなコラボレーションが実現するのかぜひ期待したいところです。

 なお、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、「密」を避けるために従来のオールナイト展示は避け、開催日程も例年の1晩2日から3晩4日に拡大されるので、急ぐ必要はありません。人混みを避けてゆっくりと夜を楽しみましょう。

 その他、「村上隆らのドラえもんが街を彩る、六本木アートナイトが開催」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆