連載
» 2021年09月06日 07時03分 公開

東京、フードトラックタイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 コロナ禍で店舗型の外食が敬遠される中、「フードトラック」業態が盛り上がりを見せています。量や質、バラエティにおいても存在感を増しており、いまや東京のベストフードのいくつかは四駆の上にあると言っても過言ではありません。ここでは、豪快なタイ風BBQグルメやメインディッシュにできるサラダなど、ランチにテークアウトしたいおすすめの絶品料理を紹介します。

好みの味にカスタマイズしてさらに満足

 ランチをアップグレードしたいなら「ストリートファームキッチン(Street farm kitchen)」はいかがでしょうか。この屋台は、タイ風のチキンやポークを目の前で豪快に焼いてくれます。アジアのスパイスをミックスしたオリジナルのソースに漬け込んだ肉は、パンチがきいた味わい。チキンのグリル、ポークのグリル、ローストポークの3種類と、それら全てがセットになった「タイスタイルBBQスペシャル」(1000円)などが選べます。

 ジャスミンライス、コリアンダー、ナンプラー、チリソースがセットになっているので、好みの味にカスタマイズすれば、さらに満足できるでしょう。開店場所は公式Instagramで更新していますので、チェックしてみてください。

自分でカスタマイズできるサラダ

 「ウィッシュフレッシュサラダ(WISH FRESH SALAD)」は、自分でカスタマイズできるサラダとラップサンドを提供している店です。注文方法はシンプルで、ベーシックトッピングを4つ、プレミアムトッピングを1つ選び、手作りドレッシングをセレクトするだけ。一番人気はハニーマスタードです。

 店主は、ニューヨークの映画プロダクションで学んでいる時に、このキッチンカーのアイデアを思い付いたそうです。正午にはほとんどのメニューが売り切れるほどの人気店なので、早めに訪れるといいでしょう。開店場所は、公式Facebookから確認できます。

真っ黒な竹炭のバンズで知られる

 真っ黒な竹炭のバンズで知られる「ボニーアンドフライド(Bonnie & Fried)」は、一般的なバンズに比べてビタミンが多く含まれています。100%ビーフのパテと、イタリアで10年以上料理をしていたオーナーシェフが作ったオリジナルソースとの相性は抜群。

 葉野菜とアメリカンチーズがたっぷり入ったスタンダードな「チーズバーガー」(950円)や、ちょっと冒険してみたい人には自家製ドライカレーとフライドエッグを挟んだ「ハンバーガーディーシー」(1100円)がおすすめです。全てのハンバーガーにポテトが付いています。開店場所は公式Webサイトでチェックしましょう。

 ほかにも「東京、フードトラック10選」では、ここはバンコクかと錯覚するほど雰囲気抜群のフードトラックで、本場のパッタイを提供する店や、バインミーやタコスなど、近年フーディーの中でも注目のメニューを多く紹介しています。ぜひのぞいてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆