連載
» 2021年08月03日 07時05分 公開

岡山に隈研吾監修のサステナブルなパビリオンが誕生タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 岡山県真庭市の蒜山は3つの山から成る西日本屈指の高原リゾートです。近郊にはハーブガーデンや湯原温泉などがあり、観光スポットとしても人気があります。そんな美しい蒜山の地に誕生したのが、新たな観光拠点グリーナブル ヒルゼン(GREENable HIRUZEN)です。

(C)Kengo Kuma & Associates

 同施設は、真庭市がこれまで取り組んできた環境保全活動や自然保護活動を「楽しめるアクティビティメニュー」として提供しています。隈研吾が建築設計を手掛ける象徴的なパビリオン「風の葉」や、現代アートを通してサスティナビリティを学ぶ蒜山ミュージアム、持続可能なライフスタイルを提案するショップで構成されています。

 見どころでもある風の葉は、実は東京で展示されていた建築物を再利用し、蒜山の地に移設したもの。幾何学的なデザインのこの巨大パビリオンには、真庭産の「CLT」と呼ばれる木材が使用されており、解体しても再生が可能です。木造建築の特性を生かすことで持続可能な社会を目指すとともに、訪れた人がサステナビリティを感じられるよう工夫がされています。

 蒜山ミュージアムでは隈の建築模型や現代アートを展示します。ミュージアムもCTLの木材をふんだんに使って建設されており、木のぬくもりを感じられるデザイン。今後は現代アートを通して環境を学ぶ展覧会やイベントの実施を予定です。

 ビジターセンター・ショップでは蒜山の観光情報の発信と、アップサイクルされた衣服や、蒜山ならではの工芸品などさまざまなグッズを販売。岡山のデニムメーカーである「ジョンブル(JOHNBULL)」がプロデュースするアイテムも登場します。

 その他、高原の自然美を満喫できるサイクリングツアーも実施されています。蒜山の魅力と自然の尊さを知ることで今私たちが地球のためにできることとは何なのか、もう一度考え直すきっかけになるでしょう。

 「岡山に隈研吾監修のサステナブルなパビリオンが誕生」では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆